検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. FEATURE
  3. 現代人の食生活で健康は大丈夫?
    心配なあなたにおススメしたいスマートウォッチ3選。

現代人の食生活で健康は大丈夫?
心配なあなたにおススメしたいスマートウォッチ3選。

FEATURE

2019.07.11

健康には一応気を使っているし、運動もそれなりにしている。それなのになんだか体重が増えている・・・。そんなことはありませんか?体重が増えるだけではなくて、なんだか体調が最近すぐれないとか、疲れやすくなっているなど、、もしかしたらそれはあなたの食生活からきているかもしれません。おいしい外食はカロリーや塩分量がかなり多く栄養が偏ってしまい(おまけに出費も半端ない。)知らず知らずのうちにあなたの健康を害しているかもしれません。

食生活の変化

日本人の食生活は、戦後の生活の洋風化に伴って、大きく変化してきました。米の消費が徐々に低下する一方で、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質を多く摂るようになったのが最大の変化だと言われています。そして最近ではファーストフードやコンビニエンスストアなどの便利な店が増え、日本人の食生活そのものを大きく変えてしまいました。
なぜこれほどまでに食生活が変化したのでしょうか。
その要因は、経済成長・核家族化の進展・女性の社会進出・単身世帯の増加などによって現代のライフスタイルが変わり、利便性を追求する消費行動がとられるようになったことが大きな要因です。

現代の食生活によって起こる人体への影響

外食、コンビニ食など手間をかけずに食事をするにしても、温めるだけの惣菜や、レトルト食品、揚げるだけの冷凍食品など、すでにある出来あがった状態の食品に一手間かけるだけ、というケースもよくあるのではないでしょうか。
しかしこれらの加工食品に必ずといっていいほど入っているのが化学調味料や食品添加物です。
これらに関しての人体への影響は色々な情報があり正確な情報がつかみにくいですが、間違いなく短期間での大量摂取は悪影響がありますし、長い目で考えて体内に起こる影響については気にしておく必要があります。

また、化学調味料は、味覚に大きな影響を及ぼしてしまいます。アミノ酸などのうまみ調味料が普及したため、昔ながらの日本料理店など一部を除いて、外食産業、弁当、加工食品のほぼ全てに化学調味料が使われるようになりました。子供達も大好きなお菓子にもアミノ酸等として添加されています。
そして最も気にしておきたいのがコンビニ食品かもしれません。
コンビニのおにぎりは保湿や保存のため植物油を混ぜています。水の中に浸しておくと油が浮いてくるそうです。
菓子パンの多くには、菓子パンならではのサクサク感やしっとり感などを出すために「トランス脂肪酸」が使われています。
トランス脂肪酸は長期間に渡って過剰摂取をすると、血中の悪玉コレステロールを増加させて、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されていて、米国では禁止とされています。

コンビニで売られているカット野菜には黒ずみを防ぐために殺菌・消毒処理がされており、さらにシャキシャキ感を出すために「PH調整剤」という添加物に一度浸けられているのです。
ph調整剤の5つの中の一つリン酸塩は摂取しすぎると骨がもろくなってしまいます。
元来、日本人の舌は世界でも最も鋭敏であると言われてきました。忙しい毎日ですが少しでも、手間暇かけて新鮮な食材を料理し食生活を気にしてみたいものです。

健康のためには「記録と管理」が大切

もっとも日本で普通に暮らしている以上、外食もコンビニ食品やレトルト食品と無縁でいるのは不可能でしょう。そうであれば、少しでも摂取カロリーを気にしたり、何を食べたかを記録していくのが大切です。管理して記録することにより、まずは過剰飲食、運動不足、さまざまな体調変化を意識する習慣がついてきます。その「管理と記録」が最も手っ取り早いのがスマートウォッチとスマホアプリの連動です。操作が簡単で、ストレスなく日々のトレンドを確認できるでしょう。

アップルウォッチ

まずお勧めしたいのは王道のスマートウォッチ「アップルウォッチ」。
アップルウォッチ
機能が豊富で、サードパーティーのアプリもたくさんあります。iPhoneユーザーなら公式の「ヘルスケア」アプリを使用したり、あなたに合った健康管理方法がきっと見つかるはずです。

Gobe2

次にお勧めしたいのはちょっと変わったスマートウォッチ「Gobe2」。
Gobe2
なんと摂取カロリーを勝手に計測してくれるのです。さらに水分不足などの警告もしてくれる、ほかのスマートウォッチにはない機能が満載です。

タニタAM-161

最後に、スマート「ウォッチ」ではありませんが、タニタの「AM-161」。

首から下げたりして使う活動量計ですが、タニタの体組成計などと連動して健康管理ができます。体組成計と連動することにより、自分でも気づきにくい体調変化を記録していくことができます。

ここで紹介したスマートウォッチ以外にも健康に役立つ機能満載の製品は数多くあります。ぜひあなたに合った健康管理の方法を見つけてください。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. 純正製品をも凌駕する信頼性。MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルを試してみた。

  2. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  3. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  4. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  5. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  6. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  7. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  8. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  9. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  10. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

TAG

タグをさらに表示