検索
  1. トップページ
  2. NEWS
  3. 登山におすすめスマートウォッチ10選

登山におすすめスマートウォッチ10選

NEWS

2019.08.13

登山をするときに、時計を着けていく人は多いのではないでしょうか。時刻を知るならふつうの時計でも良いのでしょうが、登山に特化した機能を備えるスマートウォッチを着けて行けば、高度や気温、道順など、登山に不可欠な情報を腕元で確認でき便利ですし、トレイルの記録をとることもでき、今後の登山計画に活かすこともできます。
今回は、そんな登山で役に立つスマートウォッチを10本紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

登山でスマートウォッチを使うメリット

まずは登山でスマートウォッチを使うメリットを、2つご紹介していきましょう。

登山情報を腕元で確認できる

GPS搭載モデルなら事前にルートを登録しておくと、道順を間違えた時に警告してくれたり、気圧の変化から気候の予想までしてくれます。また、高度、気温などは、クライマーなら絶対におさえておきたい情報。登山用に作られたスマートウォッチなら、リアルタイムに現在地情報を腕元で取得できるんです。

ログがとれて登山状況を分析できる


スマートウォッチでは、登山情報を計測し記録できます。登山ルート、移動距離や獲得高度、消費カロリー、高度別の心拍など、さまざまな情報を測ることができるのです。登山のアクティビティ情報はPCやスマホのアプリに転送され、大画面で確認・分析が可能で、登山を振り返り次のプランニングに活かすことができます。
登山に使えるスマートウォッチは高価格なモデルが多く、金額だけみると躊躇してしまうかもしれません。しかし、様々なセンサーを備えるオールインワンのスマートウォッチは、専用機器を個別に揃えるよりもむしろ安いと言えるかもしれませんね。

登山に着けていきたいスマートウォッチ10選

登山に着けていきたいスマートウォッチを10個ご紹介していきます。いずれも、スマートウォッチのなかでは高価格帯に入るので、慎重に選んでいきましょう。

GARMIN  fenix5 (ガーミン フェニックス5  )

出典:amazon

数多くのアクティビティに対応し、『ガーミン』のマルチスポーツウォッチと呼ばれているライン。定価は75,000円と高価ですが、洗練されたデザインを持つ高級スマートウォッチです。では、機能面を見ていきましょう。

スポーツ用スマートウォッチなので、心拍や移動距離などの基本的なアクティブトラッキングやスマホリンクはすべて可能です。登山用としては、GPS、GLONASS、みちびき受信、ジャイロ、気圧高度計付きの3軸コンパスなどの各種アウトドアセンサーがユーザーをサポートしてくれます。使っているモードにもよりますが、最大で14日間充電なしで稼動できます。

SUUNTO  SUUNTO 9 BARO(スント スント ナイン バロ)

 

出典amazon

「スント9」は、登山用としても定評がある『スント』のフラッグシップスマートウォッチです。電池残量、心拍数、現在時刻を、ひとつの画面内で確認することができます。登山用の機能として使えるのは、心拍数表示、消費カロリー表示、正確な高度計測・速度・距離・方角、ルートナビゲーション、天気予測など多岐に渡ります。

電池の稼動時間は、精度BESTで25時間、精度GOODで50時間、精度OKで120時間です。バッテリーモードから稼動時間を選択することができるので、登山する時間に合わせて時間の切り替えができます。

SUUNTO SUUNTO 9 (スント スント ナイン)

出典amazon

上記で紹介した「スント 9 バロ」から気圧計が省略されたモデルです。それ以外のスペックは変わりなく、気圧計を使用した高度計や天候予想が必要ない場合は、価格が安いこちらで十分です。電池の稼動時間は、精度BESTで25時間、精度GOODで50時間、精度OKで120時間で、バッテリーモードから稼動時間を選択することができるので、登山する時間に合わせて切り替えができます。充電はUSB経由で行えます。

SUUNTO  SUUNTO 9 BARO+HRベルトセット (スント スント ナイン バロ)

出典:amazon

上記で紹介した「スント 9バロ」シリーズのスマートウォッチで、気圧式高度計付き本体に、心拍計を計測できるHRベルトがついています(心拍は本体でも計測可能)。水泳など、時計本体を着けられないシーンで心拍を計測したい場合は、このHRベルトが便利です。本体のスペックは、他の「スント9 バロ」シリーズと変わりなく、本体とは別にHRベルトを単体で揃えるよりも、セットの方が2,000円ほど安く料金設定されています。
「スント9」シリーズは、プライスが高めですが、プロフェッショナルも使用するそのスペックは、値段に見合っているはずです。

SUUNTO SUUNTO TRAVERSE ALPHA (スント スント トラバース アルファ) 

出典:amazon

『スント』の「トラバース アルファ」というスマートウォッチです。定価60,000円ほどの『スント』の中級機です。おもな機能は、高度・気圧・方角測定、ルートナビゲーションです。ルートナビゲーションでは、GPS機能を利用して現在地を把握、スタート地点からゴール地点になにがあるかを表示してくれます。「トラバースアルファ」を使えば、初めて登山する場所でも、道に迷う可能性は低くなります。

登山好きの人のなかには、夜間に山の空気を吸いに行く人もいるでしょう。「トラバースアルファ」には、バックライトがついているので、夜間でもはっきりと画面表示ができます。駆動時間はGPSの精度によって異なりますが、最低でも10時間もちます。夕方から夜にかけての簡単な登山でも、役に立ってくれるでしょう。時計表示だけだと14日間もちます。

GARMIN fenix 5X Plus (ガーミン フェニックス5Xプラス )


出典:amazon

『ガーミン』の「フェニックス 5X プラス」 は、スマートウォッチのなかでも最高級ランクに入ります。定価は約120,000円です。高級ブランドの服が1、2着買えそうな値段ですよね。「フェニックス 5X プラス」は、最大で500曲の音楽を保存して再生することができます。もはや、ミュージックプレイヤーですよね。
また「フェニックス 5X プラス」には、ゴルフコースのほか、昭文社地形図、詳細道路地図が搭載されており、登山コースまでのナビ役として使えるはずです。もっと安いスマートウォッチを購入して、一緒にミュージックプレイヤーを持った方が安上がりですが、シビアな登山はでは少しでも荷物を減らしたいもの、予算に余裕がある人には魅力的な選択です。ウォッチモードと光学心拍計だけ使用すれば、最大で18日間もバッテーリーがもつのも魅力です。

SUUNTO SUUNTO CORE(スント スント コア) 

出典:amazon

クライマー向けにタフな耐久素材を採用、登山中でも視認性に優れた大きいデジタル表示が特長です。高度計、気圧計、気温計、コンパスなど、クライマーをサポートする機能をすべて備えているのも魅力です。充電タイプではなく電池タイプなので、時計表示だけなら1年もちます。長持ちするスマートウォッチが欲しい人への入門編と言えますね。

GARMIN Instinct(ガーミン インスティンクト)

出典:amazon

「ガーミン」でベストセラー1位になっているスマートウォッチです。ガーミンを知っている人からすると、定価35,000円と破格の値段になっています。基本的な性能は、ふつうのスマートウォッチと変わりません。スマホで耐久性を売りにしているものが出たことを覚えているでしょうか。「インスティンクト」は、耐久性を売りにしているスマートウォッチだと覚えておいてください。

ポリマー製ケースと化学強化ガラスを使いアメリカ国防総省MILスペックに準拠しているので、ほかのスマートウォッチよりタフで壊れにくくなっています。『ガーミン』の中では安いモデルとは言え、35,000円はなかなか高額な買い物ですし、簡単には手を出しづらいでしょう。まずは、耐久性に優れたものから入っても良いかもしれません。

EPSON Wristable GPS for TREK (エプソン リスタブルGPS フォー トレック)


出典:amazon

すべての山好きに贈るメイド・イン・ジャパンの登山用スマートウォッチ。標高・気圧気温・方位・現在地緯度経度・日の出/日の入などの時刻現在地情報の表示や、行動ログの記録はもちろんお手のもの。特に便利なのが、標高グラフナビゲーション。登山ルートのスタートからゴールまでの標高の変化を表示することで、現在地と次のポイントの標高を確認でき、残りどれだけ登るのかが直感的にわかります。まさに、登山家のためのスマートウォッチなのです。

CASIO PROTREK SMART (カシオ プロトレックスマート)

出典:amazon

最後は、『カシオ』のスマートウォッチ、「プロトレック スマート」です。CASIOの腕時計といえばG-SHOCKが有名なので、スマートウォッチを取り扱っていることを知らなかった人もいるのではないでしょうか。定価は65,000円です。

おもな機能は、オフラインのカラー地図、GPS機能を長時間使えるエクステンドモードです。目的に応じてアプリを簡単に追加することもできます。目的に応じてアプリを追加することもできます。Googleアシスタントを使える機能も搭載されているので、コスパは高いです。値段相応のスペックといえるでしょう。

どうせ登山するならスマートウォッチを着けよう

登山するならふつうの時計でも問題はありません。しかし、スマートウォッチがあれば、現在の自分の状況把握をすることができます。初めて登山しようとしている人も、登山用にスマートウォッチを買い替えようとしている人も、ぜひ参考にしてみてください。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る

RANKING

  1. Apple Watch Nike+の選び方
    4つの選択ポイント

  2. 登山におすすめスマートウォッチ10選

  3. 林檎信者の僕が「Apple Watch」から「Fitbit ionic」に乗り換えた理由 その5

  4. アップルウォッチ 
    取り替えバンドおすすめ8選

  5. 『FOSSIL Sport Smartwatch』長期レビュー Vol.7 「筋トレするならAppleWatchよりこっちがいいかも!」

RECOMMEND

  1. Apple Watch Nike+の選び方
    4つの選択ポイント

  2. 登山におすすめスマートウォッチ10選

  3. 『FOSSIL Sport Smartwatch』長期レビュー Vol.7 「筋トレするならAppleWatchよりこっちがいいかも!」

  4. Apple Watch Series4
    どこよりもわかりやすい全8モデル徹底紹介

  5. もう手放せない!編集部特選WearOS 神アプリ特選vol.2「Google マップ」