検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEWS

2021.07.27

スマートウォッチの購入を考えている人で、「Suicaが使えること」を条件の一つに考えている人は多いでしょう。

たしかにスマートウォッチでSuicaが使えれば、改札を通るときもスマホを出さなくていいので、電車を乗るときは非常に便利です。

そこで今回の記事では、Suicaが使えるスマートウォッチについて解説し、オススメの13製品も紹介します。

Suica対応ブランドはApple Watch、Garmin、Fitbit、wenaのみ

Garmin
冒頭から結論を述べてしまうと、現在(2021年9月)の日本でSuicaに対応しているスマートウォッチは、「Apple Watch」「Garmin」「Fitbit」「wena(ソニー)」が出しているモデルのみ。

その他のキャッシュレス決済(PayPay、QUICPay、Visaのタッチ決済)などに対応しているブランドも、この4つだけです。

スマートウォッチやスマートフォンの一大ブランドであるSamsungのGalaxyや、Huawei、Xiaomi、OPPOはSuicaに未対応。またスポーツ~アウトドアのスマートウォッチでは大手のSUUNTOなどもSuicaに未対応です。

なので「スマートウォッチでSuicaが使いたい」という人は、自動的にこの4ブランドから候補を選定することになります。

Apple WatchはSeries3以降が対応


なおApple WatchでSuicaを使えるのは原則的にApple Watch Series 3 以降。「日本国内で販売されたモデルについてはApple Watch Series 2でも利用が可能」と公式サイトで説明がありました。

なお現在Apple Storeや家電量販店等で新品で発売されているApple WatchはSeries 3もしくはSeries 6、SEの3シリーズ。

なので、普通に新品のApple Watchを購入すれば、Suicaは使えると考えていいでしょう。

最新のモデルを使いたい方はSeries 6がオススメで、とりあえずApple Watchを使ってみたい人は約2万円で手に入るSeries3にするのもアリです。

そしてApple Watchは唯一Suicaにオートチャージが可能。またApple WatchはPASMOにも対応していて、PASMOでもオートチャージが可能です!

【関連記事】

Apple Watch・iPhoneでSuicaを使うならクレジットカードはビューカードが最強のワケ。オートチャージが可能な唯一のカード!

GarminでSuicaに対応しているのは以下のモデル

 

一方のGarminは、Suicaに対応しているモデルと対応していないモデルがあります。

対応しているモデルは以下の通り。あまりに対応モデルが多すぎるので、本記事の13選には入っていないモデルもあります!

なお今後発表される「Suica」対応新機種を除き、以下に記載した機種以外は今後も「Suica」非対応となるので、Garminで「Suica」を使いたい人はご注意ください。

またGarminのSuicaは定期券の購入に対応していなかったりと、Apple WatchのSuicaと比べると機能がやや弱い部分もあります。

【GarminのSuica対応機種】
・ Approach S62 シリーズ
・ fenix 6X シリーズ
・ fenix 6X Pro Dual Power シリーズ
・ fenix 6S シリーズ
・ fenix 6 シリーズ
・ Legacy シリーズ
・ Venu シリーズ
・ vivoactive 4/4S シリーズ
・ vivomove 3/3S シリーズ
・ vivomove Style/Luxe シリーズ
・ DESCENTシリーズ
・ ForeAthlete 745

現在対応する全モデルについては下記で紹介しています。

GarminのSuica対応モデルまとめ! 多様な機能を持ったモデルが勢揃い

2020年にはwena 3がSuica対応で登場!2021年にはFitbitも対応開始

そして2020年には国産ブランドであるSONYのwena 3もSuica対応で登場!

wena 3は時計のバックル部分にスマートウォッチの機能を集約した面白い製品で、Suica以外にも多様なキャッシュレス決済に対応しているので、日常での支払いに活用したい人にはオススメのスマートウォッチです。

またFitbitも2021年3月からSuica対応の「Charge 4」を発売し、その後にSense、Versa 3もSuica対応をスタートしています!

あわせて読みたい

※Amazon製品の紹介記事では価格の変更や売切の可能性もございます。予めご了承ください。

Suicaが使えるおすすめスマートウォッチ13選がこちら!

Apple Watch Series 6


2020年に発売が開始された最新のApple WatchがSeries6です。上の写真はブルーアルミニウムケース×ブレイデッドソロループの組み合わせですが、「Apple Watch HERMÈS」「Apple Watch NIKE」などを含め、Series 6の全モデルでSuicaが使えます。

Series 6の最大の進化ポイントは、血中に取りこまれた酸素のレベルを計測できる「血中酸素ウェルネス」センサーを新搭載したこと。近年のApple Watchは健康面において著しい進化を遂げており、この最新モデルによって、健康分野でもトップランナーに躍り出たと言っても過言ではありません。また、日常使いという点では常時表示時の明るさアップもうれしいポイントで、動作のサクサク感も大幅アップしました。ケース幅44mmまたは40mm。50m耐水。

・GPS+セルラー 44mmケース 61,800円(税抜)
・GPS+セルラー 40mmケース 58,800円(税抜)
・GPS 44mmケース 50,800円(税抜)
・GPS 40mmケース 47,800円(税抜)
搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べになります。

あわせて読みたい

超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

PayPayがApple Watchで使えると超便利!初歩の使い方からiPhoneとの使い分け方まで使用法をレポート

【電子マネーまとめ&一覧表あり】 Apple PayやGoogle Payは「電子マネーのお財布」と考えよう! 多すぎる「○○ペイ」を徹底解説

Apple Watch SE

ゴールドアルミニウムケース×スポーツループ クリーム


Apple Watchの先進性が優しいプライスで手に入る
ディスプレイ解像度やケースの形状は「6」と同等で、非常にクリアかつスタイリッシュ。また、耳の健康を守る「騒音のモニタリング」機能など、今年から加わった最新機能も搭載しています。ケースは軽量でワークアウトに最適なアルミニウムのみをライナップしますが、セルラーモデルとGPSモデルの両方を揃えます。
・GPS+セルラー 44mmケース 37,800円(税抜)
・GPS+セルラー 40mmケース 34,800円(税抜)
・GPS 44mmケース 32,800円(税抜)
・GPS 40mmケース 39,800円(税抜)

搭載スペック

Apple Watch Series 3

38mmサイズをラインナップする最後のApple Watch
2万円で手入るコストパフォーマンスが最大の魅力。もちろんSuicaも使えます。人気の高かった38mmサイズはSeries 3にしか存在せず、唯一の選択肢となる。セルラーモデルはなく、GPSモデルをラインナップします。

搭載スペック

Garmin fenix6X ProDualPower

Amazonで詳細を見る

ソーラー充電機能を初搭載しバッテリー切れの心配も低下
『ガーミン』のスマートウォッチの看板モデルとして愛されるフェニックスシリーズの中でも、『Fenix6 Pro Dual Power』は大型ディスプレイとガーミン初のソーラー充電機能を搭載したハイエンドなマルチスポーツGPSウォッチ。仕事や運動の途中のバッテリー切れする心配も大幅に低下しました。アウトドアでガッツリ使えるうえに、Suicaの搭載でビジネスシーンでも大活躍。見た目も高級感があるのでビジネスシーンの服装にもマッチします。1.4インチディスプレイを搭載し、1画面に表示できるデータ項目も増加しています。ケース幅51㎜。10気圧防水。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

GARMINのフラッグシップ「fenix6」のスゴさを解説!

サイズ違いモデルの使用レビューはコチラ!

Garmin「fēnix 6S Pro Dual Power」使用レビュー。街でもスポーツでも使えてSuicaにも対応! 女性にも似合う最上位モデル!

Garmin ForeAthlete 745

Amazonで詳細を見る

Suicaが使える最新モデルの一つ
最先端のランニング&トライアスロン用GPSウォッチ。最近のトレーニング状態に基づいて、自分専用のトレーニング(ワークアウト)が提案されます。GPSモードで約16時間稼働します。Suicaも使用可。ケース幅43.8㎜。5気圧防水。

搭載スペック

Garmin ApproachS62


Amazonで詳細を見る
ガーミンゴルフウォッチの旗艦モデル
全世界約41,000以上のゴルフコースを収録。直射日光下でも見やすい半透過型フルカラータッチスクリーン、プレーの傾向や風速/風向き情報から推奨クラブ等をオススメするバーチャルキャディ機能を搭載。Suica搭載を含めて、日常でも役立つ機能が多数搭載されています。ケース幅47㎜。5気圧防水。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

最適なクラブを教えてくれる『GARMIN』(ガーミン)のゴルフ用ウォッチ最上位モデル「Approach S62」

VENU 2/2S


Amazonで詳細を見る

2021年6月1日(火)発売。スタイリッシュなルックスにSuica対応と、デイリーにも活躍できるスマートウォッチとして人気を博してきました「VENU」シリーズの最新モデルで、ヘルスモニタリング機能とフォットネス機能が大幅強化!

睡眠の質を0~100までの数値でウォッチ上から確認できる「睡眠スコア」機能、「血中酸素トラッキング」機能などが新たに追加されました。

もちろん、これまで通りSuicaや各種通知に対応。音楽再生機能も充実しており、Spotify、Amazon Music、LINE Musicなどのストリーミング配信サービスに対応。スマートウォッチ本体にも最大650曲の音楽ファイルを保存が可能です。

もちろん、『Garmin』の特徴でもあるロングバッテリーライフも健在。通常使用時のバッテリーの持ち時間は約 11日。

VENU 2のケース幅は45.4mm、5気圧防水。カラーはBlack / Slate、Granite Blue / Silverの2色。

VENU 2Sのケース幅は40.4mm、5気圧防水。通常使用時のバッテリーの持ち時間は約 10日。カラーはGraphite / Slate、Light Sand / Light Gold、Mist Gray / Silver、White / Rose Goldの4色。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

血中酸素トラッキングや睡眠スコア機能を追加!Suica対応『Garmin』のスタイリッシュスマートウォッチ『VENU2』登場

VENU Sq


Amazonで詳細を見る
ニューノーマル・ライフに必要な日々の健康管理やスポーツ&フィットネス機能に加え、Suica決済にも対応し、スマートなライフスタイルをサポートするエントリーモデル。

ウェルネスライフに欠かせないヘルスモニタリングやフィットネス機能に加え、GPSも搭載。機能・デザインともに、ビジネス・スポーツ&レジャーとあらゆるシーンにマッチし、これひとつで充実のスマートライフが実現できます。

ケース幅は37.0mm、5気圧防水。通常使用時のバッテリーの持ち時間は約6日。カラーはShadow Gray/Slate、White/Light Gold、Orchid/Metallic Orchidの3色です。

音楽再生機能を備えたVenu SQ MUSICモデルもあり。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

Garmin『VENU SQ』『VENU SQ Music』が12月3日(木)に発売。ウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル

Garmin Vivo moveStyle


Amazonで詳細を見る
エレガントな外観にオン・オフを充実させる高機能を搭載
見た目は上品だがアルミ合金製ベゼルと軽量ゴリラガラス3が合わさり耐久性を実現。盤面には控えめなCD模様が付いており、スタイリッシュな印象です。心拍数の傾向からストレスレベルを計測するなど、女性をリラックスさせる機能を多数搭載しています。オン・オフの予定の確認も手元でスマートに可能。ケース縦42×幅42㎜。5気圧防水。

搭載スペック

wena 3 metal Premium Black


Amazonで詳細を見る
バンド部にスマートウォッチ機能を集約したソニー製品
バンドのバックル部分にスマートウォッチとしての機能を網羅。お気に入りの機械式腕時計のヘッド部と組み合わせて使用可能というオリジナリティで開発当初から大きな話題になっていました。

wena 3は2020 年11月発売の第3 世代モデルで、Suicaに初対応。ほか楽天Edy やQUICPayも使える電子マネー対応の幅広さが魅力。Alexa 搭載でスマートウォッチ機能全般が充実しています。metal Premium Blackモデルはモジュール部には高品位で高い堅牢性を誇るステンレススティール「SUS316L」を採用。精緻なヘアラインが高級感を醸し出す。ディスプレイは衝撃に強いゴリラガラス。5気圧防水。
搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

ソニーからSuica、Amazon Alexa対応の新型スマートウォッチ「wena 3」が登場。本日から予約を開始

あわせて読みたい

SONY「wena 3」でのSuicaや楽天Edyの使い方を紹介

SONY「wena 3」着用レビュー。スマートウォッチとしての実力”を徹底検証!

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が11月27日よりSuica対応に!

Fitbit Charge5

Amazonで詳細を見る

2021年9月下旬に発売される、バンド型のフィットネストラッカー「Charge」シリーズの最新モデル。

Suicaを搭載するほか、フラッグシップモデルの「Sense」に搭載されていた推定皮膚温の変動記録機能をバンド型のトラッカーモデルでは初搭載しています。

また、ワークアウトに適した状態か・回復を優先すべきかを示す「今日のエナジースコア」、ストレスに対する身体の反応を、毎日のスコアで表す「ストレスマネジメントスコア」などの機能も搭載。

大半の部分で「Sense」に匹敵する機能を持っていて、なおかつスマートなバンド型で価格は「Sense」より手頃。

Fitbitを代表するモデルになることはもちろんのこと、スマートウォッチ分野全般でもヘルスケア機能では最高峰の機能を持ったモデルになりそうです。

バッテリーライフは最大 7 日間です。カラーは「ブラック/グラファイト ステンレススチール」、「ルナホワイト/ソフトゴールド ステンレススチール」、「スチールブルー/プラチナ ステンレススチール」の3色です。

【使用レビューはコチラ!】

Fitbit Charge5使用レビュー。バンド型モデルではNO.1の使い心地と多機能さ!
https://www.smartwatchlife.jp/29343/

Fitbit Sense

Carbon / Graphite

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

先進機能を備えたFitbitのSenseシリーズ

『Fitbit』のフラッグシップモデルで、ついにSuica対応をスタート。ストレス状態を測定できる世界初のセンサーを搭載しているうえ、心臓の健康、睡眠に関する機能も充実。音声アシスタントのAmazon Alexa、Googleアシスタントにも対応するなど、最先端のスマートウォッチ体験が可能。「Fitbitのスマートウォッチで一番いいやつが欲しい!」という人には本モデルがオススメです。

また機能面だけではなく使い勝手も良く、12分で1日分の急速充電が可能なうえ、約1週間のバッテリーライフを実現するなど実用面においても優秀なモデルです。ライフスタイル管理に優れた1本です。ケース幅40.4㎜。 50m耐水。

搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

【発売時の詳細なニュース記事】

Fitbit、世界初のストレス管理用EDAセンサーを搭載した「Sense」を9月10日に予約開始!

あわせて読みたい

「Fitbit sense」の先進的なストレス計測の仕組みを動画で紹介!

 

Fitbit Versa3

Midnight / Soft Gold

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
毎日を快適にするすべてが揃ったスマートウォッチ

「Fitbit Versa 2」後継モデルで、Suica対応をスタートしたばかり。「Sense」との主な違いは、ストレス計測機能が省かれていること。とはいえ、心拍、睡眠、アクティビティトラッキングの計測精度は「Sense」と同じで、こちらも十分高機能。またこのシリーズからGPSが搭載されスマートウォッチのみ持ち出せば、位置情報を記録することが可能なりました。「Sense」よりは価格が手頃なのも魅力です。

また6日間以上のバッテリーライフも健在。日常生活からワークアウトまで幅広くサポートしてくれる存在です。ケース幅40.4㎜。 50m耐水。

搭載スペック
(搭載スペックアイコンをクリックすると機能の詳細が見られます)

【発売時の詳細なニュース記事】

『Fitbit』からGPS、スピーカーを搭載した「Versa3」が登場!

 

Fitbit Charge4(Suica対応モデル)


Amazonで詳細を見る

多機能なフィットネストラッカーモデル
同価格帯でシンプルなガジェットにはほとんど採用されていないGPS機能が搭載されています。今年3月に発売のモデルはSuica対応をしています(それ以前に発売のものは未対応なのでご注意を!)。

フィットネストラッカーとしての実力は高価格帯のスマートウォッチと引けを取りません。縦型でスマートな見た目のトラッカー型で、着け心地も◎。ケース幅42㎜。 50m耐水。

搭載スペック

【発売時の詳細なニュース記事】

コンパクトスマートウォッチの決定版 Suica対応『Fitbit』 Charge4発売開始

■■Suica対応スマートウォッチの関連記事

※Amazon製品の紹介記事では価格の変更や売切の可能性もございます。予めご了承ください。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  6. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  7. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  8. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  9. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  10. 『Garmin』『PRO TREK』『SUUNTO』を登山でガチ比較! 3大アウトドアウォッチの勝者は?

NEW CONTENTS

  1. 紛失防止タグ「MAMORIO RE」を搭載の「なくさないミニ財布」が便利そう!

  2. なんとChargeSPOT使い放題!「ChargeSPOTアンバサダー」大募集

  3. 持ち運びに便利なApple Watch充電器10選 【2022年最新版】

  4. 【二子玉川 蔦屋家電】第2回「蔦屋家電+ 大賞」を発表。Romi(株式会社ミクシィ)がグランプリに

  5. 3000円台とコスパ抜群! ペットカメラ「Tapo C200」使用レビュー

  6. 第2回蔦屋家電+ 大賞にMEMSスピーカー搭載「Faunaオーディオグラス」が入賞

  7. 「BE@RBRICK×CASETiFY」のiPhoneケースやテックアクセサリーが発売。コレクター必見の創立10周年モデル!

  8. 「第2回 蔦屋家電+ 大賞」でトップ10に入賞! キャッシュレス時代のiPhoneケース「Wrapup」に注目

  9. iPhoneケースで人気のROOT、多機能ネック/ショルダーストラップ「UTILITY WEBBING」に新色を登場

  10. Uberの撤退から読み解く、Apple Watchアプリの難点とは?

TAG

タグをさらに表示