検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【電子マネーまとめ&一覧表あり】 Apple PayやGoogle Payは「電子マネーのお財布」と考えよう! 多すぎる「○○ペイ」を徹底解説

【電子マネーまとめ&一覧表あり】 Apple PayやGoogle Payは「電子マネーのお財布」と考えよう! 多すぎる「○○ペイ」を徹底解説

NEWS

2021.08.22

iPhoneやApple Watchで各種キャッシュレス決済をしようとしたり、その過程でクレジットカードを登録しようとすると、「Apple Pay」「ウォレット」「QUICPay」「PayPay」など、いろいろなアプリの名前や決済サービス名が出てきます。

「○○ペイってやつが沢山ありすぎて意味が分からない!」「そもそも『電子マネー』って何なのか」「iPhoneやApple Watchの『ウォレット』アプリと『Apple Pay』って何が違うのか」などなど、疑問が山積の人は多いでしょう。

本記事では、そうした電子マネー関連の用語と意味を徹底解説します!

「この○○ペイって何だっけ?」と思ったときは、記事冒頭と中頃に記載した一覧表を見ながら読んでみてください。

iPhoneやApple Watchで使う「電子マネー」とは

まずは、私たちがスマホやスマートウォッチで使う「電子マネー」とはそもそも何なのか、を噛み砕いて解説します。

電子マネーとは、ざっくり言うと「データ化されたお金」のことです。

もっと簡単にいえば「スマホやスマートウォッチをお店で『ピッ』とかざして支払いができるもの」と考えておけばいいでしょう。

なので、ここでは話をわかりやすくするために、「ネット銀行での送金など、パソコンでの操作が必要なもの」「カード実物が必要なもの(カードをかざして支払うタイプのVISAのタッチ決済やMasterCardコンタクトレスなど)」は、とりあえず電子マネーではないと考えておきましょう。

【関連記事】

GarminとFitbitが対応する「Visaのタッチ決済」とは。 コンビニや飲食店でも使えるお店が多数! 

 

……と考えると、世間でよく聞く「○○ペイ」と呼ばれるものには、上記の電子マネーの定義に含まれないものが結構あることが分かると思います。

たとえばCMでよく見る「AirPAY」。あれはお店側が使う各種決済サービスの総称なので、「電子マネー」とは言えません。

また「Apple Pay」も電子マネーとはいえません。

「Apple Pay」は、各種電子マネーやポイントサービスなどを入れられる「電子マネーのお財布」のような存在で、「Apple Pay」という支払い方法はないのです(だからコンビニでの支払い時に「Apple Payで」と言ってもお店の人には伝わりません)。

と、文章でゴチャゴチャ書いても分かりづらいと思うので、下のような一覧表を作りました。

これで、よく聞く「○○ペイ」や各種電子マネーが、どのような位置づけのものなのか分かるかと思います!

スマホやスマートウォッチ関連の電子マネーの分類表がコチラ!

上記の表でSuicaや楽天Edy、nanacoなどの上に書いてある「プリペイド型」とは、つまりは先払い方式のこと。

もっと分かりやすくいえば、「事前にお金をチャージしておかないと使えない電子マネー」ということです。

一方でid、QUICPay、VISAのタッチ決済(カードではなくiPhoneやスマートウォッチでタッチ決済を行うタイプ)などは後払い方式。いずれも登録したクレジットカードを支払い元としているので、一ヶ月ごとに請求が行われて、銀行口座から引き落としをされるわけです。

……と、いろいろと書きましたが、コンビニ等での支払い決済時は、上の表の真ん中2列の具体的な決済サービス名を伝えて(「Suicaで」「PayPayで」など)、会計を行うと覚えておけばいいでしょう!

「お財布」のApple Payは電子マネーではない

では、さらに細かく解説をしていきます。

先ほどApple Payは「電子マネーのお財布のようなもの」と書きましたが、同じようなカテゴリーに入るものには、各種スマートフォンやスマートウォッチで使える

・Google Pay
・Garmin Pay
・Fitbit Pay

などが挙げられます。これらは全て「電子マネーの入れ物」、もっと簡単に言えば「電子マネーのお財布」です。

iPhoneやApple Watchを購入したら、すでにApplePayが入っているのは「お財布」だから。

Androidスマホを購入すればGoogle Payがプリインストールされているのも同様です。

下記の動画でも「電子マネーがまとまるGoogle Pay」と説明されていますが、Google Payは電子マネーをまとめる存在であって、それ自体が電子マネーではないというわけです。

ただ、いずれの場合も、アプリを立ち上げればすぐに電子マネー決済ができるわけではありません。

Apple PayもGoogle Pay、あくまで「電子マネーのお財布」なので、そこにSuicaやQUICPayやiDといった具体的な電子マネーを入れていく(使える状態にする)ことが必要なわけです。

AppleのWalletアプリとはどんなものか

そしてiPhoneのWalletアプリのややこしいところは「Wallet=ApplePay」ではなくて、「Walletの中にApplePayが入っていて、そのApplePayの中に各種電子マネーが入っている」というところです。

図解すると下記のようになります。

こちらはGoogle Payもほぼ同様です。

ただし、Google PayにはApple Payには入らない楽天Edyやnanaco、WAONといった電子マネーを入れることができます。

一方で、クレジットカード関連の電子マネー(iDやQUICPay、VISAのタッチ決済)には「Apple Payには入るけれどもGoogle Payには入らない」というものが多いです。

どちらかというとApple Payのほうが電子マネーのお財布として使える幅が大きいと言えるでしょう。

こちらは別の記事もありますので、そちらを参照してください。

あわせて読みたい

Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

Apple Watchで使える電子マネーを徹底解説! SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法
https://www.smartwatchlife.jp/6752/

QRコード決済には「電子マネーのお財布」がいらない

最後にQRコード決済についても解説します。

現在、スマートフォンやApple Watchで使われている電子マネーのサービスといえば、Suicaと並ぶ存在感を持っているのがPayPayでしょう。

PayPayは2021年8月19日の記者説明会のなかで、QRコード決済において3分の2のシェアを獲得していることを発表(取り扱い高で68%、回数で66%)。

東京などの大都市圏ではSuicaなどの交通系電子マネーの普及率が高いために、店舗で使われる電子マネーはSuicaが圧倒的な印象ですが、店舗側の導入コストがかからないこともあり、地方では「Pay Pay」の普及率がどんどん上がっている印象があります。

店舗でのサービス導入が増えてきたために「d払い」や「AU Pay」「メルペイ」「LINEペイ」を使う方も増えてきたようです。

これらのQRコードでの決済方法はクレジットカードを介さずに、マネーを直接デポジットするために、Apple PayやGoogle Payというお財布を使わずに、いわば別ポケットに直接マネーを持つことができます。

スマートウォッチで使えるのは現在Pay Payのみですが、これからは増えていくことが予想されます。

 

そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

筆者は近所のスーパーの2417円の買い物で483円を獲得! PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」をお得に活用しよう

電子マネーnanacoとWAONが年内にApple Payに対応と発表! iPhoneやApple Watchでの支払いがより便利に 

2021年7月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」13選

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示