検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Apple Watchの「水リマインダ」アプリ使用レポート。水分補給のサポートをスマートウォッチで!

Apple Watchの「水リマインダ」アプリ使用レポート。水分補給のサポートをスマートウォッチで!

REVIEW

2020.05.23

足りなくなりがちな水分補給をスマートウォッチで解決できないだろうか

みなさんは水分を1日どれくらい摂っていますでしょうか。
普通に生活している人で、大体2.5リットルの水分補給が必要なのだそうです。
ただ、1日で2リットルのペットボトルを空にするくらい水分を摂っているかというと、、、なかなか難しいのではないかと思います。
しっかり水分を取ることのメリットはたくさんあって、ドロドロの血液を解消、生活習慣病の改善、脳の活性化、胃腸の働きを活性化、疲れやストレスの解消、冷えの防止、肥満の改善、アンチエイジング、、、などなど枚挙にいとまがありません。
逆に水分不足から引き起こされる悪影響としては、肥満、むくみ、糖尿病、高脂血症、ストレス増加、関節痛、筋力低下などが主なところです。

私(編集部S)もたくさん水を飲むことが大切なのはわかっているけれどもなかなか摂取できません。
そこで、いつも使っているアップルウォッチのアプリでも使って適切な水分補給をできないだろうかと考えてみました。

App Storeで検索してみると、意外とたくさんの水分補給アプリがあります。みんな同じようなことを考えているんですね。

アップルウォッチのアプリ「水リマインダ」

そこで、今回は「水リマインダ – Water Reminder」というアプリをダウンロードして使ってみることにしました。
「個人個人の身体に必要な水分の量を計算し、水分補給を記録するのに役に立ち、目標達成できるように水を飲む時間を優しく教えてくれる」との説明があり、これなら続けられるかなと思います。

まずはダウンロード。
ベーシックな項目の使用は無料なので安心してダウンロードできます。

ちゃんとアップルウォッチにもインストールされていて、画面にでてきます。

最初のアップルウォッチでの画面はこんな感じで、iPhoneで設定をしていきます。

個人的な項目を記入すると私が1日に摂取すべき水分量が出ます。私の場合は「2560ml」だそうです。
こんなに飲めるかなあ、というのが正直な感想。

飲んだ水分量を記録していくのですが、まずは種類を選びます。課金せずに選べる種類は、水、コーヒー、ソーダ、オレンジジュース、紅茶、ヨーグルト、牛乳、赤ワインの8種類。

それぞれの種類には「カロリー」とか「カフェイン」とか「タンパク質」のような成分があらかじめ登録されていて、コーヒーや紅茶には砂糖を入れたかどうかも記録できます。
1日のカフェインの量や砂糖の量には上限があって、これを超えると優しく怒られてしまいます。

飲んだ分量を記入して追加すると「今日摂取するべき水分量」のパーセンテージが上がっていって、どれくらいクリアしたかが分かります。

スマホからだけでなく、アップルウォッチからももちろん記入ができます。
ちなみに、ビールとか烏龍茶を追加するのは有料版を購入する必要があります。
なるほど、これは有料版でないとちゃんとした数値が測れないかもしれません。

2時間くらい水分を摂った記録をつけないとリマインドが来て水を飲むように促されます。
これが「水リマインダ」か。なるほど。

実際に使ってみた

実際に使ってみると、いくら促されても2.5リットルはなかなかきついですね。
初日はなんとかクリアしましたが2日目以降はなかなかクリアできません。

そして「そもそもこのアプリは自分に必要なのか」という疑問が湧いてきます。
飲んだ分量を記入する、と書きましたがこの「飲んだ分量」というのがまず全く正確ではありません。コップ1杯を飲んだから200mlで記入しよう、というならまだいいのですがチョビチョビ飲みながら作業しているといつ記入していいのかわからないですし、飲んだ量も少しサバを読んで多めに記入してしまいます。
飲んだのにつけ忘れることも多いように思います(だからこそアップルウォッチで記入する意味があるのですが、それでも忘れてしまいます)
また、疑問としては「食事中の水分はどうなるのだろう」ということです。
例えばラーメンを食べてスープを飲んだその量は記入しないのですが、結構な量を飲んでいるはずです。
豆腐を一丁食べた時とか果物を食べた時なんかも、かなりの水分を摂っていると思いますが、それもカウントしません。(まあ、適当に記入すればいいのでしょうが)
自分に水分が必要なこと、そして圧倒的にそれが足りないことがわかったのはとても良かったですが。

また、これが「AppleWatchアプリ」である必要があるかどうかも少し疑問です。
確かに「飲んだらすぐに記入できる」「2時間おきに手首にリマインドしてくれる」というのが大きなメリットと言えばメリットですが、どちらも習慣化できてしまえばスマホでやりますし、スマホで面倒ならアップルウォッチでも記入が面倒です。
そんなことだからダイエットができないのだと反省しなければいけませんね。

まとめ

まず、私に水分補給が圧倒的に足りないことを気づかせてくれたのはとてもありがたかったです。
そういった意味では、必ずみなさんダウンロードして使ってみるべきだと思いました。
ただ、続けていって習慣化させるのは相当な自己モチベーションが必要だなと思います。
そしてダイエットにはちょうどいいと思います。水分を2.5リットル飲もうとするとそれだけでお腹がいっぱいになってしまって、食べ過ぎは間違いなく防げます。
是非試してみてください。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  2. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  3. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  4. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  5. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

  6. Garminとアウトドアウェアブランド WOOLRICHのコラボが実現! マルチウォッチケースのプレゼントキャンペーン実施中

  7. ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が11月27日よりSuica対応に!

  8. 70%OFFの高級スマートウォッチも! Amazonでブラックフライデー&サイバーマンデーのセール開催(11月27日~12月1日まで)

  9. Garmin最高峰コレクションより、日本未発売のカラーストラップや、センサーを付属した『MARQ 2020 Holiday Limited Kit』が数量限定発売

  10. 業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載した『HUAWEI FreeBuds Pro』発売

TAG

タグをさらに表示