検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. お盆特別企画【SUUNTO 9】飛行機で高度計って使えるの?

お盆特別企画【SUUNTO 9】飛行機で高度計って使えるの?

REVIEW

2019.08.15

世の中はお盆休み真っ最中。帰省や旅行で飛行機を利用する方も多いのではないだろうか。SWL記者も飛行機で妻の実家へ帰省することに。ところで、昨今のスポーツ用スマートウォッチは高度を測れるモデルがほとんどだが、空の旅のお供に連れて行ったら一体どうなるのだろうか。『SUUNTO』のフラッグシップモデル『SUUNTO9 BARO』を装着し、いざ機上の人となった。

機内モードでも高度計は動く

「SUUNTO9 BARO」は気圧センサーを搭載した『SUUNTO』の現行最強モデルだ。気圧センサーは周囲の空気圧を測定して正確な気圧高度情報をユーザーに提供する。もちろん、旅客機には客室与圧装置が備えられており、機内は地上に近い快適な気圧に保たれているため、最強の「SUUNTO9 BARO」でも正確な高度を計測するのは無理があるが、飛行機ではどんな挙動を見せるのか興味は尽きない。
まず座席に座ってやることは、機内モードの設定だ。ケータイやタブレットと同じように、この「SUUNTO9 BARO」も機内モードが存在するため、飛行の前に必ず設定しておこう。機内モードにしても高度計は作動する。

注:撮影は他の乗客に配慮してスマホのシャッター音がより小さい動画で行った。以下の画像はすべて動画からの切り出しのため、ピントが甘いがご了承いただきたい。

「SUUNTO9 BARO」は機内モードを備える。座席に着いたらまずは[設定]から機内モードをオンにする。

離陸後まさかのマイナス高度でヒヤリ

羽田空港の滑走路を走り始めたときの高度計表示は28m。しかし、ふわっと機体が持ち上がった瞬間、高度がぐんぐん下降するではないか。機体の揺れなのか、動転したためなのか今となってはわからないが、時計がカメラからフレームアウトしてしまったので、画像は残せていないが、確かマイナス20mほど(腕元では)下降したはずだ。慌てふためいて時計から目を離し、外を見ると飛行機はどんどん高度を上げていく。まずはひと安心だ。外を見て一息ついてから時計を再度見ると今度は一転プラス表示、しかも100m超えである。離陸時はパイロットにとってもっとも忙しい時間のひとつと聞くが、こちらの腕元も負けずとも劣らずの忙しさだ。

離陸直後はマイナス表示だったが、約1分後には150m超えに。

最大高度は約1600mで高止まり

その後、腕元の高度表示は順調に上昇していく。挙動としては小刻みに1mごと上昇するのではなく、数秒に一回10mぐらいずつにぐんぐん上がる感じだ。シートベルト着用サインが消えたとき、「SUUNTO9 BARO」の表示は996m、座席のモニター上に表示された高度は7315mだった。もちろん誤差は大きいが、かなり高いところにいるというのは、腕元で認識できる。
その後、「SUUNTO9 BARO」の高度表示は1595mで高止まり、そのときのモニター表示は9144mだった。


数秒に約10mぐらいずつ上昇していく。

ベルト着用サインが消えたのは996mのとき。
機内のモニターでは、ベルト着用サインが消えたときに7315mだった。
腕元の表示は1595mで高止まり。
「SUUNTO9」が1595mで高止まりしたときの高度は9144mだった。

着陸時も冷や汗モノのマイナス表示

フライトは順調に続き、腕元の表示も1595mから動かないものだから、思わず油断してコーヒーを飲んだり機内誌を読んだりしていたら、いつの間にか高度を下げはじめていたのに気づく。「SUUNTO9」も離陸と同じように、約10mずつぐんぐん高度を下げていく。最終の着陸態勢に入ったとのアナウンスが入ったときは、「SUUNTO9」の高度表示は529m、機内モニターは2925mだった。その後時計ばかり凝視していたが、またもやヒヤッとする事態に。離陸時同様、ここでも高度がマイナスになったのだ。その時の機内モニターの表示は608m。離着陸時ともに、地上から1000m以下の高度では、「SUUNTO9」がマイナス高度を表示した。この高度では飛行機側で何らかの気圧コントロールをしているのか気になるところだ。着陸した瞬間はマイナス15mの表示、その後、飛行機が完全に静止するころには、高度は36m を指し示していた。
前述したように、機内の気圧が人工的にコントロールされている以上、高度センサーとGPSを使いながら正確な高度を叩き出す「SUUNTO9 BARO」で実際の高度を測るのは無理な話である。逆に、航空機の見事な与圧コントロールを可視化できるほど、「SUUNTO9 BARO」の気圧センサーが優秀だと感じられる空の旅であった。

かなり揺れていたので、ピントが甘いのはお許し頂きたいが、マイナス表示になったのが確認できる。

離陸してから飛行機が停止するまでの間に、高度は36mに。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  10. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEW CONTENTS

  1. Apple Watch Series 6とSEに対応の高級レザーバンド『EPONAS』に新色が登場!

  2. 摂取カロリーが自動計測できるスマートバンド『GoBe3』が10月1日より販売スタート! 一部で先行予約受付も

  3. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  4. SUUNTOがアウトドア新機能のアップデートを発表。オフラインでのルートナビ、バッテリーセーブGPSモードなどを新搭載!

  5. 暖かさをまとうブランド「ONVEIL」がモバイル電熱ヒーター内蔵のヒートマフラーやヒートブランケット」を発売

  6. Apple Watch購入検討者も注目! iPhoneを月額860円から借りられる、ソフマップの「レンタルスマホ・スーパープレミアム」

  7. 最新Apple Watchにも対応! カラバリ豊富なGRAMASのApple Watchバンドでコーディネートを楽しもう

  8. Apple Watch Series 6の選び方を約1万字で解説! カラー、サイズ、シリーズ、セルラー or GPS……すべて教えます

  9. 世界初の布製ヒーター「HOTOPIA」内蔵のブルゾンも!バッテリーの力で「冷え」を解決する『Doヒート』の新シリーズ

  10. 処理速度20%アップの触れ込みはホントだった! Apple Watch Series 6のサクサクな操作感が分かる動画を紹介

TAG

タグをさらに表示