検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

NEWS

2021.09.04

スマートウォッチに興味はあるものの、どのブランドのどのモデルを選んだらいいか分からない……。

多種多様なブランドが乱立しており、一般の人には知名度がまだまだのブランドも結構ある今、そんな人は非常に多いでしょう。

そこで本記事では、「スマートウォッチで何をしたいか」の目的別のスマートウォッチの選び方を紹介

下記の質問からいずれか一つの選択肢を選んでいただければ、その項目でオススメのブランドとモデルを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

あなたはスマートウォッチで何をしたい?

スマートウォッチって何ができるの?高機能なオススメモデル5選と一緒にご紹介!

下記の①〜⑦の選択肢から、自分の目的に合ったものを一つ選んでみてください!

当サイトで記事をご覧になっている方は、選択肢の文字をクリックすると、当該部分までジャンプが可能です。

非常に長い記事になっているので、自分の選んだ選択肢のモデルを早く知りたい人は、目的の部分までジャンプしていただくのをオススメします!

①毎日の歩行や消費カロリー、睡眠の記録をしたい
②スポーツやアウトドアで便利に使いたい
③Suica等のキャッシュレス決済をしたい
④腕時計としてのオシャレさも重視したい
⑤ダイエットをしたい……!
⑥とりあえずコスパのいいものを試したい
⑦上記の機能をフルに使いたい!

ちなみに記事内では目的に合った代表的なブランド、モデルを紹介していますが、これだけ長く書いても紹介しきれないものも多いです。

スマートウォッチにどんなブランドがあるのか知りたい人、目当てのブランドが決まっていて、各モデルを比較したい人は、この下の関連記事のリンクを先にチェックしてみてください!

【関連記事】

国内販売される主要ブランドを網羅! スマートウォッチ21ブランドのガイド記事一覧はコチラ!

また、「そもそもスマートウォッチにはどんな機能があって、何が便利なのか」を知りたい方は、Apple Watchを例に執筆した下記の記事などもご一読を。

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

スマートウォッチ選びで「重視すべき機能」「実はなくてもいい機能」「あると便利な機能」を5千字で徹底解説!

①毎日の歩行や消費カロリー、睡眠の記録をしたい

そんな人には……Fitbitがオススメ!

ヘルスケア~フィットネス機能に定評があるブランドといえばアメリカのFitbit。

最近Suica対応もスタートし、普段遣いの便利さはますます増しています!

オススメなのはフラッグシップモデルのSenceと、9月末に発売予定の新作Charge 5です。

なお、同じような機能が強いブランドとしてはWithingsやASUSなども挙げられます。

Fitbit Sense

Amazonで詳細を見る
先進機能を備えたフラッグシップモデル。Suica対応も完了!

ストレス状態を測定できる世界初のセンサーを搭載しているうえ、皮膚温の計測や、心臓の健康、睡眠に関する機能も充実しています。ライフスタイル管理に優れた1本で、下記の搭載スペック表を見れば分かるようにオールラウンドに機能が揃っています。

音声アシスタントのアマゾンアレクサやGoogleアシスタントにも対応するなど、最先端のスマートウォッチ体験が可能です。また12分で1日分の急速充電が可能なうえ、約1週間のバッテリーライフを実現するなど、実用面においても優秀なモデルです。ケース幅40.4㎜。 50m耐水。

搭載スペック

※下記の搭載スペックはすべて編集部調べのデータになります

試用レビューはこちら!

「Fitbit sense」の先進的なストレス計測の仕組みを動画で紹介!

Fitbit Charge5

Amazonで詳細を見る

2021年9月下旬に発売される、バンド型のフィットネストラッカー「Charge」シリーズの最新モデル。

Suicaを搭載するほか、フラッグシップモデルの「Sense」に搭載されていた推定皮膚温の変動記録機能をバンド型のトラッカーモデルでは初搭載しています。

大半の部分で「Sense」に匹敵する機能を持っていて、なおかつスマートなバンド型で価格は「Sense」より手頃。バッテリーライフは最大 7 日間です。

搭載スペック

②スポーツやアウトドアで便利に使いたい

そんな人には……Garmin、SUUNTO、Polar、CASIOがオススメ!

スポーツ~アウトドアに強いブランドといえば、上記の4つが代表格。

さらに細かく分けると、登山などのアウトドアに強いのがSUUNTOとカシオ、ランニングやサイクリングなどのトレーニング機能に強みがあるのがポラール、その両者を含め各種のスポーツ~アウトドアに適したモデルが広く揃っているのがGarminです。

いずれのブランドとも紹介しきれないほどモデルがありますが、オススメのものを一つずつ挙げておきます。

Garmin ForeAthlete55


Amazonで詳細を見る

ビギナーにぴったりなランニング用スマートウォッチ

今年リリースされたばかりのランニング向けスマートウォッチの最新エントリーモデル。GPS機能と光学式心拍計を搭載、心拍数、走行距離やペースなどを計測し、その日のランニングやウォーキング履歴を記録できます。

約37gと軽量でコンパクト、価格も2万円台と、これからスマートウォッチデビューする人にはうってつけのアイテムです。もう少し価格を上げればSuica対応のランニング向けモデルもあり。詳しくは下記のGarminの主要モデルガイドにてご確認を。

搭載スペック

【関連リンク】

Garminスマートウォッチ 現行主要モデル&選び方ガイド【2021年版 】
https://www.smartwatchlife.jp/15192/

SUUNTO 9 PEAK


2021年6月発売の最新のフラッグシップモデル

超薄型でエレガントなデザイン、1時間でのフル充電、最長170時間のGPSバッテリー駆動、血中酸素レベルの測定機能を備えた最新モデル。

ボディはSUUNTO 9 BAROよりも37%薄く、36%軽くなりました。下記の搭載スペックを見れば分かるように、スポーツやアウトドア関連の機能は全て網羅されており、その精度も非常に高いです!カラーはバーチホワイト、グラナイトブルー、オールブラック、モス グレイの4色です。

搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

G-SQUAD PRO GSW-H1000-1 
G-SHOCKAmazonで詳細を見る

心拍計×GPS×耐衝撃×20気圧防水…最強のワークアウトウォッチ

下記のスペック表の通り、スマートウォッチとしても非常に多機能なモデルです。

もちろんG-SHOCKならではの耐衝撃構造を備え、防水性もなんと20気圧防水とスマートウォッチとしては圧倒的なタフさを誇ります。

さらに、GPSや光学式心拍センサー、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーなどを搭載することで、ランニングなどの日々のワークアウトから、サーフィン、スノボといったエクストリームスポーツまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。カラーはブラック、レッドもあり。

搭載スペック

Polar Vantage V2

Amazonで詳細を見る
2020年11月発売の新世代フラッグシップモデル
新世代フラッグシップモデル。高精度の心拍数計測ほかランニング等のパフォーマンスやパワーの計測機能も。トレーニング効果や回復レベルを可視化でき、アスリートの強い味方になってくれます。ケース幅47mm、52g、100m防水。
搭載スペック

③Suica等のキャッシュレス決済をしたい

そんな人には……Apple Watch、Garmin、wena、Fitbitがオススメ

現在キャッシュレス決済に対応しているのは上記の4ブランドのみ。

特に決済方法の種類が豊富で使い勝手が良いのがApple Watchとソニーのwena 3なので、ここでは2ブランドの製品のみ紹介します。

ほか2ブランドも含めたキャッシュレス決済に便利なモデルを知りたい方は下記の関連記事をどうぞ。

【関連記事】

2021年7月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」13選
https://www.smartwatchlife.jp/8377/

Apple Watch Series 6

2020年に発売が開始された最新のApple WatchがSeries6です。

下のスペック表を見れば分かるように、「一般的なスマートウォッチにできることは何でもできる(しかも超ハイレベルで)」というのがApple Watchの特徴。

後述のように、「記事冒頭のどの選択肢を選んでも結局はApple Watchがオススメ」という元も子もない話になってしまうのですが、特に豊富なキャッシュレス決済機能はライバルを寄せ付けません。ケース幅44mmまたは40mm。50m耐水。

搭載スペック

 

wena3 metal Premium Black

Amazonで詳細を見る
精緻なヘアラインや素材感から漂う高級感

2020年11月発売の第3世代モデルで、Suicaに初対応。ほか楽天EdyやQUICPayも使える電子マネー対応の幅広さが魅力です。

また、Amazonの音声アシスタントAlexa搭載でスマートウォッチ機能全般の充実ぶりにも注目です。モジュール部には高品位で高い堅牢性を誇るステンレススティール「SUS316L」を採用。精緻なヘアラインが高級感を醸し出し出します。ディスプレイは衝撃に強いゴリラガラス。5気圧防水。
搭載スペック

④腕時計としてのオシャレさも重視したい

そんな人には……CITIZEN、FOSSIL、SKAGENがオススメ!

腕時計としてのオシャレさを重視したい人は、スマートウォッチ以外の腕時計分野でも評判のいいブランドを選ぶのがオススメ。

CITIZENの「Eco-Drive Riiiver」のように、見た目はアナログ時計でスマートウォッチの機能も有した「ハイブリッドスマートウォッチ」は、「腕時計は付けるけどスマートウォッチはちょっと……」という人に非常にオススメです。

そしてFOSSILグループが手掛けているブランドもオシャレなスマートウォッチの宝庫。具体的なブランド名としてはDIESEL、EMPORIO ARMANI、ARMANI EXCHANGE、kate spade new york、MICHAEL KORS、SKAGEN 、MISFIT、PUMAなどです。

【関連記事】

SKAGEN、DIESEL、EMPORIO ARMANI、MICHAEL KORSなど、FOSSILグループのスマートウォッチ紹介記事はコチラ!

Eco-Drive Riiiver

Amazonで詳細を見る

プログラムインストールして思い思いの機能を実装
腕時計のボタンをトリガーにして、メールを送ったり野球の結果をみたりといろいろなアクションが行えるアイデア時計。

「Piece」と呼ばれるプログラムは、Iotプラットフォーム「Riiiver」を通じて自由に公開できるほか、他の人が公開した無数のプログラムから気に入ったものを自分の時計にセットできます。

加速度センサー搭載で歩数や消費カロリーも計測可能です。エコ・ドライブ光発電対応で充電も不要。

搭載スペック

SKAGEN Falster3


Amazonで詳細を見る
ヘビーゲージでも輝くミニマルの哲学と美学
無駄をそぎ落とした美しいデザインの中に、心拍計測、Google アシスタント、各種通知機能、アクティビティトラッキング等の機能を搭載。

もちろんサードパーティアプリも追加可能です。ヘビーゲージのメッシュベルト、クラシカルなクロノグラフのようなボタンなど、細部の造形美も素晴らしい出来。

上下のボタンは好きな機能に割り当て可能です。ケース幅42mm、30m防水。
搭載スペック

FOSSIL Retro Pilot Dual-Time

公式サイトで詳細を見る

時針・ 分針のあるアナログ腕時計にウェアラブル機能を搭載したハイブリッド スマートウォッチに、デュアルタイム機能を搭載した2021年9月発売の新作モデル。

飛行機の開発が活発に行われていた1900年代初頭のパイロットウォッチにインスピレーションを受けたデザインで、大型の腕時計に大きくアラビア数字を配したハイコントラストの文字盤が一つの特徴。

充電不要で最大12カ月間駆動のバッテリー、スマートフォン連動で時刻合わせ不要のスマート機能も備えており、スマートウォッチとしての性能とレトロでアナログなルックスを兼ね備えたモデルに仕上がっています。

搭載スペック

 

⑤ダイエットをしたい……!

そんな人には……GOBE3がオススメ!

この選択肢を選んだ人にはGOBE3が絶対にオススメ。

消費カロリーのみならず「摂取カロリー」まで計測できてしまうという驚きのスマートウォッチです。

GOBE3

Amazonで詳細を見る
摂取カロリーに加えストレスレベルを確認できる多機能モデル

今まで消費カロリーを計測できるウェアラブルデバイスは多くあったものの、「食事など、摂取したカロリーを自動的に記録する」デバイスは世界中で『GoBe』だけ。

この独自機能が、ダイエット中の人や健康に意識の高い人に人気のシリーズです。

独自開発のセンサーでカロリーの摂取量が計測可能。体内水分量やストレスまで計測ができます。36の国際特許を持つオンリーワンの製品です。ケース 縦45㎜×幅35㎜。IP68の防水・防塵性。
搭載スペック

⑥とりあえずコスパのいいものを試したい

そんな人には……Xiaomi、Amazfit、OPPOがオススメ!

コスパに優れて多機能なスマートウォッチを数千円~1万円台で手に入れたい人には、中国や韓国ブランドのスマートウォッチがオススメ。

キャッシュレス決済以外は「全部のせ」と言えるほど機能が揃っているにも関わらず、非常に手頃なスマートウォッチが揃っています!

Amazfit GTS 2 mini
Amazonで詳細を見る

普段遣いに向いたファッショナブルでオールラウンドな機能を持った「GTS」シリーズのオンライン限定版。

軽量で薄く、価格もお手頃ですが、スマートウォッチとしての基本機能はしっかり搭載しており、Amazon Alexaにも対応。

ポモドーロタイマー、リモートシャッター機能などの普段遣いに便利な機能もあります。

カラーはブラック、グリーン、ピンクの3色。
搭載スペック

★OPPO Band Style

Amazonで詳細を見る
定価が4000円台の超コスパモデル!

スタイリッシュなデザインで豊富な健康管理機能を備えたバンド型スマートウォッチ。スマホの通知から睡眠モニタリングまで、スマートウォッチの基本機能はバッチリ揃っています。

他社のバンド型スマートウォッチと比較すると特徴と言えるのは、シリコン素材のバンドだけでなく、金属素材を使った「スタイルストラップ」(上記写真の右側)が同梱されていること。

4000円台のスマートウォッチにも関わらずオシャレに着こなすことができるので、女性には特にオススメといえます。

搭載スペック

 

Xiaomi Mi Watch Lite

Amazonで詳細を見る

価格も性能も「ちょうどいい」格安モデル

Xiaomiの看板モデルは5000円前後の価格でコスパ抜群の「Mi Smart band」シリーズですが、コスパが高いのはこちら。

価格は7500円程度の安さにも関わらず、GPSを搭載しており、ディスプレイはスクエアに近い大型で操作もしやすいモデル。

5000円以下のバンド型スマートウォッチの機能で満足しきれない人にはオススメのモデルといえます。

搭載スペック

⑦上記の機能をフルに使いたい!

そんな人には……やっぱりApple Watchがオススメ!

先にも少し述べたように、上に述べてきたような機能が何の問題もなくオールラウンドで揃っているのは、やっぱりApple Watch。

その機能をフルに使いたいなら最新のSeries 6がオススメですが、コスパを重視するなら廉価版のSEもオススメです。

Apple Watch SE

Amazonで詳細を見る
Apple Watchの先進性が優しいプライスで手に入る
「Series6」にある血中酸素ウェルネスや常時表示ディスプレイ機能はないものの、一部最新仕様を搭載するなど、コストパフォーマンスにも優れた注目モデル。ディスプレイ解像度やケースの形状は「6」と同等で、非常にクリアかつスタイリッシュ。また、耳の健康を守る「騒音のモニタリング」機能など、今年から加わった最新機能も搭載しています。ケースは軽量でワークアウトに最適なアルミニウムのみをライナップしますが、セルラーモデルとGPSモデルの両方を揃えます。
・GPS+セルラー 44mmケース 37,800円(税抜)
・GPS+セルラー 40mmケース 34,800円(税抜)
・GPS 44mmケース 32,800円(税抜)
・GPS 40mmケース 39,800円(税抜)
搭載スペック

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

スマートウォッチって何ができるの?高機能なオススメモデル5選と一緒にご紹介!

国内販売される主要ブランドを網羅! スマートウォッチ21ブランドのガイド記事一覧はコチラ!

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

NEW CONTENTS

  1. GarminタフネスアウトドアGPSウォッチのハイブリッドモデル『Instinct Crossover』シリーズが発売。見た目はクラシックでも機能は最先端!

  2. 「Ouraリング」を実店舗で購入!ソフトバンクショップで「Oura Ring Gen3 Horizon」を発売開始

  3. CASETiFYとWILDSIDE YOHJI YAMAMOTOとの初コラボレートアイテムとしてApple Watchバンドなどが登場

  4. ミラノ発レザーブランド「BONAVENTURA」から使い心地を追求したApple Watchレザーバンドが登場。Apple Watchをワンランク上のラグジュアリーアイテムに。

  5. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  6. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  7. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  8. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  9. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  10. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

TAG

タグをさらに表示