検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEWS

2021.08.25

家族や友人とのコミュニケーションツールとして、今や年代問わず多くの人が利用しているLINE。

実は、Apple Watch(アップルウォッチ)でも使えるのをご存じでしょうか?

初期の頃は不具合などもあり使用を諦めていた人もいるかもしれませんが、2020年1月のアップデート以降は、さらに快適に使えるようになっています。

Apple WatchでのLINEは一体どんなことができるのでしょうか?

筆者もあらためてインストールをして使ってみたので、これからApple WatchでLINEを使いたい人や、Apple Watchを使用中でLINEの詳しい使い方を知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください!

【あわせて読みたい】

スマートウォッチにできる7つのこと。LINEの通知、Suica決済、運動の記録
https://www.smartwatchlife.jp/17750/

Apple WatchでLINEを使うにはApple Watchでのログインが必要

Apple WatchでLINEを使用するには、iPhoneとは別の端末としてApple Watchを登録する必要があります。

まずはその手順から解説します。

初めにiPhoneの「Watch」アプリの設定画面で、LINEのアプリをインストールしましょう。
なおインストール後、Apple WatchでLINEを初回起動する際は、ログインが必要となります。

手順は下記のとおりです。

①Apple Watch のLINEアプリを開く

②そこに表示されたQRコードをiPhoneで読み込む

③iPhoneでの読み込み後、Apple Watchに表示された認証番号をiPhoneに入力する

これで初回のログインが完了です!

iPhoneのLINEの「ログイン許可」もオンに

また、iPhoneで使っているLINEのアカウントをApple Watchで使う場合は、PCなどで使用する場合と同様、iPhone側のLINEのアカウント設定画面で「ログイン許可」を「オン」にする必要があります。

不正アクセスを防ぐために「ログイン許可」の設定を「オフ」にしている人もいるかと思いますが、「オフ」になっていると上記QRコードログイン時に認証エラーが起こるので、ログイン前に必ず「オン」になっているかを確認しましょう。

Apple Watchでメッセージを受信&返信してみた

ログインが完了したら、いよいよApple Watchでの「LINE」利用が可能です。

メッセージを受信すると、音や振動でお知らせ。下記の画像ようにApple Watchの画面に通知されます。

通知が届かないときのチェックポイントは?

うまく通知されない場合は、各設定画面で「通知」がオンになっているかを確認してください。

筆者はインストール直後、メッセージを受信してもApple Watch上に通知が届かずに試行錯誤していたのですが、iPhoneでの通知設定で「バナーで通知」をオンにすることで無事通知が届くようになりました。

また、使用しているインターネットの通信状況によって、通知や返信の表示に少しタイムラグがあるようです。そしてiPhoneが起動しているときは、メッセージが届いてもApple Watchには通知が届かないので注意しましょう。

なお通知画面で表示できるメッセージの文字数には限りがあり、一部のみの表示となります。長文が届いた場合は、Apple WatchからLINEのアプリを立ち上げることで確認することができます。

LINEアプリを開いた状態からの返信方法は4つ


Apple Watchでは、アプリを立ち上げた状態から「定型文」「スタンプ(一部)」「音声メッセージ」「音声によるテキスト入力」の4つの方法で返信することができます。

Apple Watchから手動で直接文字を打つことはできませんが、手元にiPhoneがない時や、会議中・移動中など、サクっと急ぎの返答をしたい時にはとても便利です。

定型文を送る

1メッセージ20文字まで、最大10件まで好きなメッセージを登録することができます。

定型文はペアリングされているiPhone内「LINE」の設定画面から「Apple Watch」を選んで登録することができます。

スタンプを送る

あらかじめ決められた、規定のスタンプのみ使用可能です。

なお、相手から届くスタンプは、規定のものに限らず静止画であればすべて表示可能です。

アニメーションなど動きがあるスタンプは、静止画のみでの表示となります。

音声メッセージを送る

Apple Watchに向かって話した内容をそのまま「音声メッセージ」として送ることができます。

逆に、相手から届いた音声メッセージもApple Watch上で再生することができます。

音声によるテキスト入力

Apple Watchに向かって話したものがテキスト変換され、そのテキストをメッセージとして送ることができます。

「承知しました」や「お疲れ様です」「会議中です」など、利用者のライフスタイルに合わせた定型文を設定しておくと便利です。

筆者は、音声によるテキストメッセージで返信することが、とても手軽で便利だと感じました。ただし、返信する際は、声を出していい場所かどうかの確認を忘れずに。

なお、通知画面からの返信方法は、「定型文」「スタンプ(一部)」「音声によるテキスト入力」の3つとなります。

相手から送られてきた画像も表示

写真・画像は、アプリを立ち上げた状態から見ることができますが、通知画面では表示されません。

アプリから表示した際は、画像の拡大表示はできないので、内容によっては少し見にくいかもしれません。

Apple Watchからの友だち追加も可能

iPhone同様、「マイQRコード」の表示もできるので、Apple Watch上でQRコードを表示し、相手のスマホから読み込んでもらうことで友だち追加をすることができます。なお、ログアウトもこの画面から行えます。

Apple Watchではできない!? ここが盲点だった

iPhoneでは当たり前に使える機能でも、Apple Watchからはできない機能がいくつかあるのでご紹介します。

相手から送られてきた「動画」や、企業アカウントなどから送られてくる「リッチコンテンツ」は、Apple WatchのLINEアプリでは見ることができません。

こちらはiPhoneやPCなどで確認しましょう。

▼動画が送られてきた際は、「サポートされていないメッセージです」と表示されます。

iPhoneでは使う人も多い「音声通話」「ビデオ通話」は、Apple Watchでは利用できません。

相手から着信があった場合もApple Watch上では通知されないので注意しましょう。

使ってみて気がついた、素朴な疑問


・Apple Watchでメッセージを確認した際の「既読」はいつ付く?

こちらが「通知」からメッセージを見た際は、相手側には既読が付きません。LINEアプリを立ち上げて読んだタイミングで、相手に「既読」が付きます。

・過去のトーク履歴はどこまで表示される?

インターネットの通信状況にもよりますが、トーク画面で下にスワイプすると過去のトークを読み込むことができます。ただし、表示される数には限りがあるようです。(明確に「〇件まで表示」というわけではないようです)

・写真のアルバムや添付データ(Excelやword等)は表示される?

iPhoneでは何枚かの写真を「アルバム」としてまとめて送ることができますが、Apple Watchでは表示ができず、動画の時と同様に「サポートされていないメッセージです」との表示が出ます。また、Excelやwordなど、画像以外の添付データもApple Watchでは表示できません。

・送られてきたリンクはどのように表示される?

相手から送られた「リンク」は、URLがテキストとして表示されますが、そこからアクセスすることはできません。

やっぱりApple WatchでもLINEが使えると便利!

利用できる機能に制限はあるものの、Apple WatchでもLINEが利用できることがわかりました。

「Apple Watchでは、返信する程は使わない」という人でも、インストールしておくとスマホを人前で出しにくい会議中や食事中などでも、スマートウォッチで通知を受け取りサクッと返信することができます。

また、移動中などスマホがカバンに入っている時や、運動中でスマホが手元にない時でも、簡単なやりとりであれば手元ですぐに操作ができるのがとても便利ですね。みなさんもぜひ使ってみてください!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい


Apple Watchにできること20選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!


Apple Watchの目覚ましが普通の目覚まし時計より優秀な点7選。 腕元の振動で爽やかに起きられて家族に迷惑もかからない!

Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

Apple Watchで使える電子マネーを徹底解説! SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法
https://www.smartwatchlife.jp/6752/

音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ
https://www.smartwatchlife.jp/25586/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示