検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. シアターモード使ってる? 睡眠モードとおやすみモードの違いは? Apple watchで使える6つのモードを解説!

シアターモード使ってる? 睡眠モードとおやすみモードの違いは? Apple watchで使える6つのモードを解説!

NEWS

2021.09.07

Apple watchには、通知や音のオンオフを素早く切り替えることができるモードが複数あります。

おそらく一番利用頻度が高いと思われる消音モードのほか、全部で6つのモードがあるんです。

中には名前だけではどんな状態になるのか分かりにくいモードも……。

そこでこの記事では、Apple watchにあるモードの種類と機能を解説します!

※対象OSのバージョンはwatchOS7です

Apple watchのモード一覧

Apple watchには現在、通常モードのほかに以下6つのモードがあります。

モードを切り替えるにはコントロールセンター(文字盤を上にスワイプすると表示される画面)から1タップで可能です。

1. 消音モード
2. おやすみモード
3. 睡眠モード
4. シアターモード
5. 機内モード
6. 省電力モード

 1. 消音モード

赤色の部分が「消音モード」のアイコン。左下の月のマークが「おやすみモード」だ

消音モードはその名の通り、オンにするとApple watchから音が出なくなります。

各種アプリの通知音やアラーム音などを鳴らしたくない時に使用します。ただ、Apple watch充電中はアラームとタイマーは消音モードでも音が鳴ります。

職場や外出中など、他の人と一緒にいる時は基本的に消音モードをオンにしていることがほとんどですね。

使用頻度の高いモードです。

2. おやすみモード

「おやすみモード」のアイコンをタップすると上のような画面に変わる。睡眠時や仮眠時に便利

おやすみモードをオンにすると、電話の着信や通知があっても音を鳴らさず、画面も点灯しない状態になります。

通知はアラームと心拍数の通知は受け取れるので、目覚ましのためにアラームを使用できます。

3. 睡眠モード

こちらのアイコンが「睡眠モード」

睡眠モードは、おやすみモードと名前が似ているので混同しやすいのですが、睡眠モードをオンにすると、文字盤がシンプルなものに切り替わります。

時刻が大きく表示され、あとはアラームを設定している場合はセットした時刻が表示されます。

そして睡眠モードをオンにすると、連動しておやすみモードもオンになります。(反対におやすみモードをオンにしても、睡眠モードはオンにはなりません)

4. シアターモード

このアイコンが「シアターモード」

シアターモードをオンにすると、手首を上げても画面が点灯しない状態になります。

また、連動して消音モードもオンになります。

文字通り、映画館や劇場など、明かりが灯ると迷惑になる場合に便利なモードですね。

ただ、Apple watchの画面をタップすると文字盤は表示されるので、不用意に触って画面が点灯するのは避けたい場合はシアターモードでなく、完全に電源オフにするしかなさそうです。

5. 機内モード

iPhoneでもおなじみの「機内モード」

機内モードをオンにすると、Wi-Fiがオフになります。

モバイル通信機能が付いているApple watchであればモバイル通信もオフになります。Bluetoothはオンのままですが、設定でオフにすることも可能です。

また、iPhone側で設定しておけば、iPhoneを機内モードにした時Apple watchも一緒に機内モードにすることもできます。

6. 省電力モード

バッテリー残量をタップしたときに、この表示が現れる。

Apple watchは、バッテリー残量がほとんどなくなると自動的に省電力モードになります。

この省電力モードは手動で切り替えることも可能です。

コントロールセンターなどからバッテリー残量をタップすると、省電力モードにするスライダが表示されるので、右にドラッグすることで省電力モードになります。

watchOS8では「集中モード」も追加!

以上、Apple watchにある6つモードの解説でした!

それぞれのモードでは主に通知、音、通信機能のオンオフを素早く切り替えることができます。コントロールセンターからすぐに選択できるので、利用シーンに応じて使い分けたいですね。

ちなみに次期OSバージョンであるwatchOS8では、本記事でご紹介した6つのモード以外に「集中モード」というものが新たに追加になるようです。仕事や勉強が捗りそうなモードで、リリースされたらぜひ使ってみたいです!

●執筆者:yoshi_2045
フリーランスSE / 二児の父。42歳からAppleWatchのアプリ開発にチャレンジ中。ブログ「ツナガリワークス」を運営中。
https://tsunagari-works.com

あわせて読みたい

集中モードやポートレート文字盤に対応!Apple Watchの次期OS「WatchOS 8」を一足先にを使ってみた!
https://www.smartwatchlife.jp/22971/

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!
https://www.smartwatchlife.jp/20255/

オススメのApple Watchウォッチフェイス6選。スマートウォッチ専門サイトの編集部員が推薦!
https://www.smartwatchlife.jp/15876/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

NEW CONTENTS

  1. 「Ouraリング」を実店舗で購入!ソフトバンクショップで「Oura Ring Gen3 Horizon」を発売開始

  2. CASETiFYとWILDSIDE YOHJI YAMAMOTOとの初コラボレートアイテムとしてApple Watchバンドなどが登場

  3. ミラノ発レザーブランド「BONAVENTURA」から使い心地を追求したApple Watchレザーバンドが登場。Apple Watchをワンランク上のラグジュアリーアイテムに。

  4. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  5. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  6. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  7. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  8. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  9. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  10. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

TAG

タグをさらに表示