検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの高速充電ケーブルは従来比でどれだけ速いか検証!

Apple Watchの高速充電ケーブルは従来比でどれだけ速いか検証!

NEWS

2023.08.19

Apple Watchは最新のSeries 7から、付属する磁気充電ケーブルが高速充電対応のUSB-Cケーブルに変更。

従来のケーブルは端子がUSB-Aで、高速充電にも対応していませんでしたので、これは大きな変化といえます。

今回の記事では、その高速充電ケーブルの性能を検証します!

こちらが新しい磁気充電ケーブル

上記の写真が新しい「Apple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル」。

ケーブルの長さは従来品と同じ。ちなみに単品購入時の定価も同じ3,850円(税込)です。

なお現状で高速充電に対応するApple Watchは最新のApple Watch Series 7のみです。

このように端子がUSB-Cになったのが見た目上の大きな違いです。

またApple Watchと接続する磁気部分の周辺が金属で覆われているのも見た目上の特徴です。

高速充電ってどれくらい高速なの?

では、ケーブルが変わったことで、実際に充電速度はどのくらい変わるのでしょうか。

Apple公式サイトでは「Apple Watch Series 7と組み合わせると最大33%高速に。約45分で充電が80%完了します」と記載。

また「Apple Watch Series 8 および Apple Watch Series 7 を高速充電すれば、45 分程度でバッテリーの残量が 0 パーセントから 80 パーセントになります。Apple Watch Ultra の場合は、1 時間程度でバッテリー残量が 0 パーセントから 80 パーセントになります」とも記載がありました。

実際はどうなのか検証してみたいと思います!

高速充電ケーブルの充電結果

Apple Watchの高速充電ケーブルを使ったときは、30分でApple Watchのバッテリーが24%→84%になりました(60%増)。

アップル製品は80%を超えると充電速度は遅くなるので、0%から充電スタートした場合は、さらに%の増加は大きかったはずです。

ちなみに簡易的な電圧電流チェッカーを使ったところ、電圧は5V程度で、電流はマックスで6A程度出ていました。

つまり3W程度の充電ができていたことになります。

通常のケーブルの充電結果

通常のケーブルの場合は30分の充電でApple Watchのバッテリーが42%→76%に(34%増)。

高速充電ケーブルの場合は60%増だったので、高速充電ケーブルは最大33%高速どころか、2倍近く高速だったことになります。

筆者の通常のケーブルは2年以上前から使っているものなので、劣化や個体差などもしかしたらあるかもしれませんが、それにしても高速充電ケーブルは速かった……という結果になりました。

なお今回はいずれの充電においても、最大100Wの出力のある充電器にケーブルを接続して充電しました。

Appleの公式サイトでは、高速充電を行うには専用のケーブルのほか、以下のいずれかの電源アダプタも必要だと記載があります。

●Apple 製の 18W、20W、29W、30W、61W、87W、96W USB-C 電源アダプタ

●5W 以上の USB Power Delivery (USB-PD) に対応する他社製の互換 USB-C 電源アダプタ

この充電器の性能によっても、Apple Watchの充電の速度は変わってきますし、複数ポートのある充電器の場合は、各ポートによっても出力が変わる場合もあります。

Apple Watchの充電速度が遅いと感じている人は、ケーブルだけでなく充電器も含めて充電環境を見直してみるといいでしょう!

また最近はBelkinの製品などでAppleの認証を獲得した高性能のApple Watch充電器が登場しているので、そちらも是非チェックを。下記の関連記事にてレビューを行っています。


●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。You Tubeでも各種レビューを行っています!

あわせて読みたい

Belkinの「Made For Apple Watch」認証を世界初取得の専用充電器、使ってみたら超便利だった!

BelkinがApple Watch・iPhone用ワイヤレス磁気充電器3製品を発売。世界初の高速充電対応の「Made For Apple Watch」認証対応専用充電器も!

Apple Watchのコンパクト充電器おすすめ5選。持ち運び&外出先での充電に便利!

 

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  3. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  4. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  7. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  8. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  9. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  10. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

NEW CONTENTS

  1. 「Xiaomi Watch S3」新発売。ベゼルで遊ぶファッションスマートウォッチ

  2. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  3. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  4. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  5. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  6. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  7. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  8. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  9. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  10. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

TAG

タグをさらに表示