検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchのスタンドリマインダーを守るべき理由。立つだけで病気予防やダイエットの効果も

Apple Watchのスタンドリマインダーを守るべき理由。立つだけで病気予防やダイエットの効果も

NEWS

2022.07.28

Apple Watchをはじめとした多くのスマートウォッチで採用されている「スタンド」のリマインダー。

一定時間デスクなどで動かずにいると、「スタンドの時間です! 立ち上がって1分間ほど動きましょう」といった表示やバイブレーションで伝えられる通知のことです。

仕事に集中しているときなどは、「いちいちうるさいなぁ」と無視している人も多いでしょう。

ですが、「立つ」ことには健康に様々なプラスの影響を与えてくれるんです!

立つことは生活習慣病の予防につながる

Apple Watchの公式サイトでは、立つことが健康に与える影響について、「座りすぎは健康問題の一因となることがあります」「座っている時間を減らすことは、血圧を下げ、活力を高め、心疾患のリスクを低下させることにつながります」「長時間にわたって座り続けることは、2型糖尿病を進行させる一因となることがあります」と説明しています。

定期的に立つことは、まず生活習慣病などの予防につながるわけです。

腰痛の予防・改善の期待も!

そして定期的に立つ習慣を持つことは、腰痛の予防にもつながります。たとえば、ポケットセラピストの医師監修の記事『慢性的な痛みから解放されるために新年にすべき4つのこと』では、「一般的に、立っている姿勢を比較して、座っている姿勢は、腰に約3倍の負担がかかる」と書かれています。

デスクワークで腰痛が辛い……と思っている方は、スマートウォッチのスタンドリマインダーを守ることで、腰痛が改善する可能性もあるわけです!

同僚と話にいくことで、心身のリフレッシュも!

デスクワーク中心の仕事においては、定期的に立ち上がることは気分のリフレッシュにもつながります。

Apple Watchの公式サイトでも「水を飲みに行ったり、ストレッチをしたり、同僚のデスクに立ち寄ったり。小さなことに思えるかもしれませんが、定期的に体を動かすことは、あなたの活力を維持し、作業の効率を高めることにつながります」と解説がありましたが、この点は多くの人が実感できるのではないでしょうか。

立つ時間を長くすれば、フルマラソン並みのカロリーを消費!

また、立ち上がることはカロリー消費にもつながり、ダイエットにも役立ちます。立ち上がることは動き回ることにつながるので、より多くのカロリーを消費できるようになるわけです。

イギリスの大学の研究では、「週5日間、1日3時間立つ時間を確保すれば、年に10回フルマラソンを走るのと同じくらいのカロリー消費量を得られる」という見解もあります。

立っているだけ」と聞くと、何もしていないように感じるでしょうが、姿勢をまっすぐ保った立ち姿勢は、体の様々な筋肉を使います。特に、体幹のバランスをとるインナーマッスルを使うため、健康を保つのにも効果的といえるんです。

「スタンド」リマインダーは多くのスマートウォッチが搭載!


「筋トレは面倒」「ジョギングとかの有酸素運動は疲れるからイヤ」という人も、このようにスマートウォッチのスタンドリマインダーを守るだけで健康な体に近づけて、ダイエットの効果も期待できます。

運動不足で健康への不安を感じる人は、「スタンドリマインダーが届いたら立つ」という習慣をまずは身につけてみましょう!

座り過ぎを防ぐ通知機能は、おなじみのApple Watchから、格安・高性能のXiaomi Mi Band まで、多くのスマートウォッチに搭載されていますよ。そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

30分のウォーキングは何キロカロリー?Apple Watchで計測!

脂肪がよく燃える心拍数「ファットバーンゾーン」をApple Watchで知ろう!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示