検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watch SE、Ultra 2、Series 9の違いと選び方を徹底解説!

Apple Watch SE、Ultra 2、Series 9の違いと選び方を徹底解説!

NEWS

2023.09.13

2023年の新作Apple WatchとなるApple Watch Series 9、Ultra 2がついに発表。

これで現行のApple WatchはApple Watch SE、Series 9、Ultra 2の3シリーズとなりました。

はじめてApple Watchを買う人には「それぞれの違いが分からない!」という人もいるでしょう。

そこで本記事では、Apple Watch SE、Series 9、Ultra 2の違いについてザックリ解説します!

比較する製品はこちら!

Apple Watch Ultra 2

Apple Storeで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

Apple Watch Series 9

Apple Storeで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

Apple Watch SE

Amazonで詳細を見る

Source:Amazon

大前提:基本機能はどれも一緒!

まず各々の違いを解説する前に書いておきたいのは、「どのApple Watchも基本性能はほぼ一緒」ということ。

SEもSeries 9もUltra 2も、違いを探すのが難しいくらい、基本的な部分はほとんど同じ性能のApple Watchなんです。

上記の表は、スマートウォッチの搭載機能を一覧表で表したものですが、今回の3モデルのうち、SEを除く2モデル(Series 9とUltra)は上記の機能を全て搭載。

一方のSEはというと、血中酸素濃度や皮膚温の測定ができないだけで、他の機能はすべて搭載しています。

つまり、どのモデルだろうと、スマホの各種通知は受けられるし、音楽再生のコントロールもできるし、睡眠も移動距離も心拍数も計測できます。

……と考えると、一番安いApple Watch SEはメチャクチャお得なんです。

念のため、価格をおさらい

いま話に出た価格も念のため確認しておきましょう。

Series 9:59,800円~

SE:34,800円~

Ultra:128,800円

はい、一目瞭然でUltraだけメチャクチャ高いです。

では、Ultraは他のApple Watchと何が違うのでしょうか。

まず違うのがバッテリーの持続時間

まず大きく違うのがバッテリーの持続時間です。

Series 9:とSE:通常使用で最大18時間

Ultra:通常仕様で最大36時間

……というように、Ultraのほうが2倍も長持ちなんです。

Apple Watch Ultraは、本格的にスポーツやアウトドア・アクティビティに取り組む人向けのモデルなんですが、このバッテリーの持ちの良さを理由に、スポーツもアウトドアも一切やらないけどUltraを購入した……という人も結構多いです。

特に、毎日充電するのがストレスという人はUltraが候補に入ってくるでしょう(高いんですけどね……)。

ケースサイズも違います

あと大きな違いとしてはケースのサイズが挙げられます。

Series 9:41mmモデルと45mmモデル

SE:40mmモデルと44mmモデル

Ultra 2:49mmモデル

このようにUltraだけメチャクチャ大きいんです。

ちなみにケースの素材も違って、Ultraだけは高品質なチタンが使われています。そしてボタンも一つ多いです。

なお、大きいというのは「見やすい」というメリットにつながる一方で、「悪目立ちする」「重い」というデメリットにもつながります。

特に細身の女性の場合とかだと、Ultraを着用すると物凄い存在感になるので、購入時にはサイズ感をよく考えたほうが良いでしょう。

もちろん個人の好みの問題になりますが、一般的には女性は40mmや41mmのような小さめサイズのほうが腕に収まりはよいといえるでしょう。

Apple Watch Ultra 2は水深40mのダイビングができるけど……

上に述べたようにApple Watch Ultraはそもそも、本格的にスポーツやアウトドア・アクティビティに取り組む人向けのモデルです。

なので、「水深40メートルまでのレクリエーションダイビングに対応」「水深計と水温センサー搭載」などのすごい特徴もあります(SEやSeries 9はプールで泳げる程度の耐水性)。

そのほかGPSの機能も優れていたり、サイレンを鳴らす機能があったり、スピーカーやマイクの性能が段違いだったりしますが、日常使用をメインに考えている人には、正直そこまで関係のない機能でしょう。

じゃあSEとSeries 9はどう違う?

じゃあSEとSeries 9はどう違うのかというと、先に述べた「SEは心電図と血中酸素濃度の計測ができない」という点以外では、以下のような点が異なります。

・画面の最大の明るさが少し低め

・内部のチップセットが1世代前で処理能力が遅め

・SEは心電図アプリが使えない

・SEは画面が常時表示ではない

・SEは皮膚温センサーの機能がない

・SEは高速充電ができない

・SEのほうが防塵性能で劣る

・SEはケースの素材がアルミ一択(Series 8はステンレスもある)

・ケースのカラバリがSEとSeries 9では違う

このように列挙すると色々違う気もしますが、日常使用で大きな使用感の差になるのは、画面が常時表示ではないという点くらい(手首を上げると画面がオンになる)。

常時表示ではない点については、Apple Watchを使い慣れた人だと物足りなく感じるかもしれませんが、初めて使う人だと気にならないかもしれません。

迷ったらSEかSeries 9でよいと思います

……という感じで違いを色々と挙げてきました(細かい点では、他にも違う部分はありますが)。

こうした違いが分かっても、どれにするか決めかねる人は、とりあえず一番高いUltra 2は除外して、SEかSeries 9を選ぶとよいでしょう。

特に「飽きっぽいのでApple Watchも使わなくなるかも」なんて人は、一番安いSEをとりあえず買ってみるのが無難です。

最初に書いたように、基本的な性能はどのモデルも一緒なので、SEでも十分Apple Watchの楽しさと便利さを味わえるはずです!

Amazonで詳細を見る

あわせて読みたい

Apple Watch Series 9の進化ポイント7点を詳細解説!

Apple Watchが公式サイトで安く買える! 整備済製品の在庫報告記事はこちら!

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  3. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  4. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  7. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  8. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  9. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  10. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

NEW CONTENTS

  1. 「Xiaomi Watch S3」新発売。ベゼルで遊ぶファッションスマートウォッチ

  2. スマートウォッチ「Redmi Watch 4」 発売。見やすい大画面に、20日間長持ちバッテリー

  3. 「Xiaomi Smart Band 8 Pro」新発売。大画面の万能スマートバンド

  4. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

  5. NOMADの2トーンカラーのApple Watch スポーツバンド、TokyoTool がアジア圏で単独販売

  6. Apple Watch Ultra 専用、精緻な二重構造のプロテクトケースの新色をアシカンが新発売

  7. NOMAD社のスポーティーなApple Watch 専用バンドの限定カラー、TokyoToolで独占販売

  8. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  9. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  10. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

TAG

タグをさらに表示