検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. スマートウォッチで草むしりの消費カロリー計測。 アップルウォッチとフィットビットで実感に近いのはどっち?

スマートウォッチで草むしりの消費カロリー計測。 アップルウォッチとフィットビットで実感に近いのはどっち?

REVIEW

2020.05.04

消費カロリーのログは機種によってどう違うのか

私(編集部S)はアップルウォッチユーザーでアップルウォッチにほとんど不満はないのですが、ほんのちょっとだけ気になっていることがあります。
それは「消費カロリーをちゃんとログしてくれているのかどうか」ということです。
アップルウォッチはとても便利でiPhoneユーザーに「どんなスマートウォッチがおすすめですか?」と聞かれればノータイムで「アップルウォッチでしょう」と答えているのですが、正直に言って消費カロリーログにだけは不満があります。

というのも、アップルウォッチでの活動ログは「アクティビティ」というアプリでログしていくのですがここには「ムーブ(単位:kcal)」「エクササイズ(単位:分)」「スタンド(単位:時間)」の3つしかありません。
エクササイズはエクササイズ系のアプリでログしている時間か、アップルウォッチが「エクササイズとして認識できる動きをしているか」によってログされていきます。早歩きなんかがそれにあたるので、例えば道を普通に歩いていてもエクササイズとして認識されます。
スタンドはその1時間の中で座りっぱなしにならず、1分間くらい立って行動すれば「この1時間は立った時間としてクリア」となります。

その2つはわかりやすいのですが、ムーブに関しては少し謎が残ります。
例えば私(編集部S)は自転車で通勤しており、30分くらい一生懸命ペダルをこぐのですが、エクササイズとしてはログされるのですが、ムーブに関しては100kcalくらいしか認識されないのです。10km近く漕いでいて、それなりにスピードも出すのでけっこう汗もびっしょりなのですが、そんなに頑張っているのにムーブ(=消費カロリー)が記録されないなんて、少し悲しくなります。
(スマートウォッチでカロリー消費をログしている方ならこの感覚はわかっていただけると思います)

そこで、日常的な作業をして他のスマートウォッチとどれくらい消費カロリーの差が出るかを検証してみたいと思います。

アップルウォッチとフィットビットで消費カロリーログ比較

検証に使用したのは
アップルウォッチ(Series5)
Fitbit Charge3
の2機種です。

フィットビットチャージ3は、現行のCharge4の一世代前の機種ですが、運動をしっかりトラッキングしてくれる高いコストパフォーマンスを誇るスマートウォッチです。
チャージ3で記録してくれる運動ログは「歩数」「階段(上り)」「距離」「消費カロリー」「エクササイズ時間」の5つです。

庭の草むしりと枝切りが思ったよりも重労働

「日常的な作業」の作業内容ですが、昨今のコロナウィルスの影響もあり公園などでの活動もやりにくいことから、庭の雑草取りと枝切りをやってみることにしました。
訳あってしばらく放置されている庭の草むしりと、伸び放題の桑の木などの枝を枝切りばさみでどんどん切っていきます。

庭作業

作業時間にして実に5時間くらい。
はっきり言って相当疲れました。スマートウォッチでどれくらいの消費カロリーがログされているかわかりませんが、実際の消耗度はランニングで10km以上走ったのと同じくらいだったように感じます。

フィットビットの結果

さて、それぞれの結果ですが
フィットビットの最終消費カロリーが3,416キロカロリー。開始時点での消費カロリーが999キロカロリーでしたから差し引き2,417キロカロリーということになるでしょうか。

●Fitbit開始時点

●Fitbit 1日の終わり

平均的な男性の1日の消費カロリーが2,200キロカロリーだそうですから、まあ納得の数字といえます。

アップルウォッチの結果

対してアップルウォッチですが
最終的な消費カロリーは685キロカロリー。開始時点では122キロカロリーでしたから差し引き563キロカロリーとなります。やっぱり、この数値には納得いきません。

●AppleWatch開始時点

●AppleWatch 1日の終わり

あんなに頑張って、あんなに疲れて600キロカロリー行ってないなんて。。
600キロカロリーは食事量にすると、軽めの昼食一食分でしょうか。
いやいや、そんなわけはないはず。
やっぱりフィットビットで計測したほうの数値を信じたいです。

睡眠計測はどちらも良好

余談ではありますが、この日のぐっすり眠れまして、アップルウォッチ・フィットビットのどちらでも睡眠を計測しましたがかなり良い睡眠だったとログされています。

フィットビットの方はスコアが89と私の中では最高レベルに高い数値。深い睡眠とレム睡眠がバランスよく記録されています。

アップルウォッチの方は「SleepWatch」というサードパーティーのアプリを使用していますが、やはりよく眠れているログが取れています。活動時の平均心拍数と睡眠時の平均心拍数がどれくらい違うかを表示していますが、30%も睡眠時の心拍数が下がっているのでぐっすり眠れていると判断していいでしょう。

実感として疲労度があり、睡眠にもそれが表れているということで、消費カロリーはそれなりに大きなものだっと思われます。
個人的な感想として「消費カロリー計測をアップルウォッチとフィットビットで比べると、フィットビットの方が実感に近い」とまとめてしまっていいと思います。

後日、ランニングでのエクササイズでの消費カロリー比較をやってみようと思います。
次はどんな違いが出るでしょうか。次の記事にご期待ください。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. GarminとFitbitが対応する「Visaのタッチ決済」とは。 コンビニや飲食店でも使えるお店が多数!

  2. 元飛込日本代表選手・馬淵優佳が出演するスマートバンド『GoBe3』のイメージ動画が公開

  3. Fitbitウェアラブルデバイスでの糖尿病管理で血糖値やHbA1Cが大幅に改善することをHealth2Syncが台湾での臨床研究で証明

  4. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  5. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  6. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  7. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  8. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

  9. Garminとアウトドアウェアブランド WOOLRICHのコラボが実現! マルチウォッチケースのプレゼントキャンペーン実施中

  10. ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が11月27日よりSuica対応に!

TAG

タグをさらに表示