検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watch Nike+の選び方
    4つの選択ポイント

Apple Watch Nike+の選び方
4つの選択ポイント

NEWS

2019.08.21

機能が豊富で「腕につけるスマホ」とでも言うべきアップルウォッチ。
その中でもスポーツに特化したモデルが「Apple Watch Nike+」現在のバージョンはSeries4で、機能としては通常のApple Watch Series4とほぼ同一と言っていいでしょう。
相違点としては
1.Nike+モデルオリジナルの文字盤がある
2.Nike+モデル専用のバンドがある
3.Apple Watch本体にNikeのロゴマークが付いている
4.「Nike Run Club」のアプリがプリインストールされている

ということになります。
金額としてはApple Watch Series4と同じなので、付加要素がある分こちらのほうがお買い得とも言えるかもしれません。
それでは「Apple Watch Nike+を購入しよう」と決めたとして、その中でもモデルが細分化されていて「どれを買ったらいいのかわからない!」という声をい多く耳にします。
今回の記事では「Apple Watch Nike+のなかでどのように機種を選べばいいのか」を解説します。

選択ポイントは4つある

結論から言うと
通信タイプ(2種類)
ケースサイズ(2種類)
ケース&バンド色(2種類)
バンドタイプ(2種類)
という16種類から選ぶことができる。(2の4乗です!)

4つの選択ポイントを解説します。

通信タイプ2種類(セルラータイプorGPSのみタイプ)

Apple Watch Series4と同様なのですが、最初の選択ポイントは「セルラーの機能が付いているかどうか」ということです。
この「セルラー付き」という機能はアップルウォッチとその他のスマートウォッチが大きく違う点です。
セルラー付きのアップルウォッチは単体で通信機能を持っているモデルで、セルラーなしのGPSのみのモデルは近くにあるスマートフォンと常に同期して動作するモデルだと言えます。GPSのみのモデルはブルートゥースイヤホンのように、ある程度スマートフォンから離れてしまうとリアルタイムでの通信ができません。ですからスマホを肌身離さず近くに持っている人はGPSモデルでも十分に機能を発揮しますし、逆にスマホを別の場所において行動することが多い方はセルラータイプなら常にLINEやSNSの通知を受けることができるのでとても便利でしょう。

Apple Watch Series4と同様に
●スマホを常に身近に置いている人はGPSのみのモデルで十分
●スマホなしで行動することが多い人はセルラー付きタイプが便利
と言えるでしょう。

ケースサイズ(40mm or 44mm)

こちらもApple Watch Series4と同様に、セルラー付きかセルラーなしかを選んだらその次はケースの大きさを選びます。
大きいサイズの44mmか小さいサイズの40mmかのどちらかです。
一般的に女性には44mmは少し大きく感じるでしょう。男性ならばどちらのモデルでもOKですが、やはり大きな画面の方が文字盤の小さな通知も確認しやすいです。

Apple Watch Series4と同様、独断ですが
●女性は40mmがおすすめ
●男性は44mmがおすすめ
です。

ケース&バンド色(シルバーケース&ホワイトバンド or ブラックケース&ブラックバンド)

機能面で2×2の4種類を選んだら、次は見た目で選びます。
わかりやすく言うと「シルバー」か「ブラック」かという選択です。
「シルバーアルミニウムケース」か「スペースグレイアルミニウムケース」のどちらかを選ぶと、バンドはそのケース色にあった「ホワイト」か「ブラック」に決まります。
●より軽快でスポーティーなシルバーケース
●オールマイティーでどんなシーンにも合うスペースグレイ(ブラック)ケース
ということになるでしょう。

バンドタイプ(シリコンタイプのスポーツバンド or ファブリックのスポーツループ)

見た目の次は装着感で選びます。
シリコン素材の「スポーツバンド」かファブリック素材の「スポーツループ」かと言う選択です。
ケースを「シルバーアルミニウムケース」にした方は「ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド」と「サミットホワイトNikeスポーツループ」で選びます。
この場合の「ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド」は表の色がホワイト、裏の色(穴から覗く色)がブラックというものになります。
ケースを「スペースグレイアルミニウムケース」にした方は「アンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド」と「ブラックNikeスポーツループ」で選びます。
特にシリコン素材のスポーツバンドはNike+専用のバンドですので
●ナイキモデルをしっかりアピールしたい方はスポーツバンド
●より軽くライトに装着したい方はスポーツループ
ということになるでしょうか。
もっとも、バンドは別売りのものが充実していますので、追加バンドを同時購入してもいいかもしれませんね。

上記の4つの選択ポイントでそれぞれ2種類選ぶことができるので、販売数の多いApple Watch Nike+といえども、「まるかぶり」はあまり心配することなく、あなたの生活や嗜好にぴったりの一本をお選びいただけると思います。

 

【関連記事】

「Apple Watch Nike Series 5(GPS+セルラー)」開封レポート

Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. 純正製品をも凌駕する信頼性。MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルを試してみた。

  2. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  3. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  4. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  5. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  6. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  7. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  8. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  9. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  10. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

TAG

タグをさらに表示