検索
  1. トップページ
  2. NEWS
  3. Apple Watch Nike+の選び方
    4つの選択ポイント

Apple Watch Nike+の選び方
4つの選択ポイント

NEWS

2019.08.21

機能が豊富で「腕につけるスマホ」とでも言うべきアップルウォッチ。
その中でもスポーツに特化したモデルが「Apple Watch Nike+」現在のバージョンはSeries4で、機能としては通常のApple Watch Series4とほぼ同一と言っていいでしょう。
相違点としては
1.Nike+モデルオリジナルの文字盤がある
2.Nike+モデル専用のバンドがある
3.Apple Watch本体にNikeのロゴマークが付いている
4.「Nike Run Club」のアプリがプリインストールされている

ということになります。
金額としてはApple Watch Series4と同じなので、付加要素がある分こちらのほうがお買い得とも言えるかもしれません。
それでは「Apple Watch Nike+を購入しよう」と決めたとして、その中でもモデルが細分化されていて「どれを買ったらいいのかわからない!」という声をい多く耳にします。
今回の記事では「Apple Watch Nike+のなかでどのように機種を選べばいいのか」を解説します。

選択ポイントは4つある

結論から言うと
通信タイプ(2種類)
ケースサイズ(2種類)
ケース&バンド色(2種類)
バンドタイプ(2種類)
という16種類から選ぶことができる。(2の4乗です!)

4つの選択ポイントを解説します。

通信タイプ2種類(セルラータイプorGPSのみタイプ)

Apple Watch Series4と同様なのですが、最初の選択ポイントは「セルラーの機能が付いているかどうか」ということです。
この「セルラー付き」という機能はアップルウォッチとその他のスマートウォッチが大きく違う点です。
セルラー付きのアップルウォッチは単体で通信機能を持っているモデルで、セルラーなしのGPSのみのモデルは近くにあるスマートフォンと常に同期して動作するモデルだと言えます。GPSのみのモデルはブルートゥースイヤホンのように、ある程度スマートフォンから離れてしまうとリアルタイムでの通信ができません。ですからスマホを肌身離さず近くに持っている人はGPSモデルでも十分に機能を発揮しますし、逆にスマホを別の場所において行動することが多い方はセルラータイプなら常にLINEやSNSの通知を受けることができるのでとても便利でしょう。

Apple Watch Series4と同様に
●スマホを常に身近に置いている人はGPSのみのモデルで十分
●スマホなしで行動することが多い人はセルラー付きタイプが便利
と言えるでしょう。

ケースサイズ(40mm or 44mm)

こちらもApple Watch Series4と同様に、セルラー付きかセルラーなしかを選んだらその次はケースの大きさを選びます。
大きいサイズの44mmか小さいサイズの40mmかのどちらかです。
一般的に女性には44mmは少し大きく感じるでしょう。男性ならばどちらのモデルでもOKですが、やはり大きな画面の方が文字盤の小さな通知も確認しやすいです。

Apple Watch Series4と同様、独断ですが
●女性は40mmがおすすめ
●男性は44mmがおすすめ
です。

ケース&バンド色(シルバーケース&ホワイトバンド or ブラックケース&ブラックバンド)

機能面で2×2の4種類を選んだら、次は見た目で選びます。
わかりやすく言うと「シルバー」か「ブラック」かという選択です。
「シルバーアルミニウムケース」か「スペースグレイアルミニウムケース」のどちらかを選ぶと、バンドはそのケース色にあった「ホワイト」か「ブラック」に決まります。
●より軽快でスポーティーなシルバーケース
●オールマイティーでどんなシーンにも合うスペースグレイ(ブラック)ケース
ということになるでしょう。

バンドタイプ(シリコンタイプのスポーツバンド or ファブリックのスポーツループ)

見た目の次は装着感で選びます。
シリコン素材の「スポーツバンド」かファブリック素材の「スポーツループ」かと言う選択です。
ケースを「シルバーアルミニウムケース」にした方は「ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド」と「サミットホワイトNikeスポーツループ」で選びます。
この場合の「ピュアプラチナム/ブラックNikeスポーツバンド」は表の色がホワイト、裏の色(穴から覗く色)がブラックというものになります。
ケースを「スペースグレイアルミニウムケース」にした方は「アンスラサイト/ブラックNikeスポーツバンド」と「ブラックNikeスポーツループ」で選びます。
特にシリコン素材のスポーツバンドはNike+専用のバンドですので
●ナイキモデルをしっかりアピールしたい方はスポーツバンド
●より軽くライトに装着したい方はスポーツループ
ということになるでしょうか。
もっとも、バンドは別売りのものが充実していますので、追加バンドを同時購入してもいいかもしれませんね。

上記の4つの選択ポイントでそれぞれ2種類選ぶことができるので、販売数の多いApple Watch Nike+といえども、「まるかぶり」はあまり心配することなく、あなたの生活や嗜好にぴったりの一本をお選びいただけると思います。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る

NEW CONTENTS

  1. カシオの高機能メタルウオッチ「EDIFICE」に、スマホ連携でスケジュールを通知する新モデル

  2. ケーブルや小物をスマートに収納! カラフルなデザインのアイディア製品「Cable POD」

  3. G-SHOCK初の心拍計、GPS機能搭載モデル! スマホ連携の通知機能も備えた「GBD-H1000」発売決定

  4. 起こしてくれるアイマスク! 太陽光を再現したスマートスリープアイマスク 「illumy/イルミー」が面白い

  5. あの『マクロス』の河森正治氏デザインのスマートウォッチ、ソニーから登場!

  6. GPS搭載スマートアウトドアウオッチ「PRO TREK Smart」に限定ホワイトモデル登場!

  7. 健康管理やビジネスに役立つだけじゃない! 接客業の人にこそスマートウォッチがオススメな理由

  8. シューズを履いて走るだけでランニングフォームを解析! スマートフットウェア「ORPHE TRACK」

  9. Apple Watchにも対応! 月額300円からのスマートロック「bitlock LITE」

  10. ポラール、GPS 搭載フィットネスウォッチ「Polar Ignite」に人気カラーのオレンジを追加

RANKING

  1. Twitter公式アカウントフォロー&リツイートで人気スマートウォッチが当たるキャンペーン! 第1弾開始

  2. 「AppleWatch」より欲しい「Wear OS」スマートウォッチ10選

  3. GPS搭載スマートアウトドアウオッチ「PRO TREK Smart」に限定ホワイトモデル登場!

  4. 所有欲を刺激する『GARMIN』のフラッグシップ「fenix6」の超絶進化がすごい!

  5. 「アップルウォッチ」より売れてる!『Xiaomi』(シャオミ) おすすめスマートウォッチ10選

  6. Apple Watchケースは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」のどれにすべき?

  7. PayPay(ペイペイ)がアップルウォッチに対応したので使ってみた。

  8. もう手放せない!編集部特選WearOS 神アプリ特選vol.2「Google マップ」

  9. アップルウォッチ(AppleWatch)の「文字盤変更」で毎日が楽しくなる!アニメキャラクター編 あなたはミッキー&ミニー派?それともトイストーリー派?

  10. 登山におすすめスマートウォッチ10選

TAG

タグをさらに表示