検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. アスリートはなぜスマートウォッチを使うのか? 〜独占インタビュー 馬淵優佳が「GoBe3」を信頼する理由〜

アスリートはなぜスマートウォッチを使うのか? 〜独占インタビュー 馬淵優佳が「GoBe3」を信頼する理由〜

REVIEW

2021.07.04

客観的なデータを参照することでより効果的なトレーニングや体調管理ができることから、ますます多くのアスリートが科学的なアプローチをとっています。
元飛込日本代表の馬淵優佳さんもスマートウォッチのデータを活用しながらトレーニングや日々の健康管理を行っているひとり。そこで、馬淵さんにスマートウォッチのある生活について教えてもらいました。

スマートウォッチひとつでアスリートと同じ環境を実現可能

アスリートが参考にするデータとは何か?


心拍、歩数、移動距離、消費カロリーなど、スマートウォッチで計測できる数値は多岐に渡ります。最近では、マラソン時にペース配分を提案するものや、有酸素運動時の自分の実力がわかるVOL2MAX、ランニングパワーを計測できるモデルが登場するなど、エクササイズ分野におけるスマートウォッチの高機能化がどんどん進んでいます。スマートウォッチが取得し記録し続けるそれらのデータをアスリートはどのように活用しているのでしょうか。

たとえば、スマートウォッチで計測されたデータのうち、アスリートに広く活用されている代表的な項目として「心拍数」があります。「心拍トレーニング」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは心拍をモニタリングすることで、心拍数に基づいた自分の心拍ゾーンを設定し、感覚ではなく心拍数という数値によって運動強度を設定し、目的に基づいたトレーニングをすること。例えば、耐久系の競技の場合、心拍ゾーンの低いトレーニングを続け心拍数を低く保つ訓練をしたり、逆にパワー系は高心拍ゾーンのトレーニングを取り入れるといった具合です。

このようにスマートウォッチで取得できるデータを実際のトレーニングに取り入れている現代のアスリートたち。次は元飛込日本代表の選手馬淵優佳さんがスマートウォッチをどのように活用しているのか聞いていきます。

馬淵優佳はスマートウォッチをこう使う!


馬淵優佳さんは、飛込競技の日本代表として世界選手権に出場、東アジア大会では3メートル板飛び込みで銅メダルを獲得、立命館大学時代には日本学生選手権2連覇を達成するなど、輝かしい実績を持つ元トップアスリート。そんな馬淵さんが愛用するスマートウォッチはHEALBEの「GoBe3」。馬淵さんはスマートウォッチをどのように活用しているのかインタビューしてきました。
馬淵さんが愛用するスマートウォッチがこの「GoBe3」だ。

トレーニング時に水分補給のタイミングを教えてくれるのが便利!


「もちろん現役のときほどではありませんが、健康のためにトレーニングを行っています。現役時代は計画的にメニューを決めて練習し、その成果を記録していたので、今でもトレーニングの結果を知りたくなってしまうんです。『GoBe3』は、心拍数をはじめ歩数や距離、消費カロリーを測ってくれるので、そのデータによってカラダの状態をチェックすることができます。トレーニング後にスマートフォンを見て『今日はよく運動したなあ』って満足する瞬間が楽しみなんです(笑)」。

「GoBe3」は歩数や移動距離を計測し、スマホのアプリにデータを転送、記録してくれる。

「最近はたくさんのスマートウォッチが出ていて、いろいろな機能が搭載されていますが、その中でも『GoBe3』の水分バランス計測機能は本当に信頼できるものだと思います。私も運動につい夢中になると、水分補給を忘れがちになるのですが、『GoBe3』の水分補給アラートのおかげで脱水症状にならずに済んでいます。これから猛暑の夏がやってきますが、熱中対策ツールとしても活用していきたいと思います」。

「GoBe3」の看板機能のひとつ、水分バランス機能。水分補給アラートは馬淵さんも大助かりだという。

エネルギーバランス、睡眠記録etc. 日々の健康管理に大活躍!


アスリートフードマイスターの資格を持ち、夫であるトップスイマー瀬戸大也選手を栄養面でもサポートする馬淵さん。食をはじめとする日頃の健康管理に並々ならぬこだわりを持つ馬淵さんは、スマートウォッチをトレーニング以外での健康管理でも徹底活用しているようだ。

「『GoBe3』が手放せない理由のひとつはエネルギーバランス計測機能ですね。やはり、フードマイスターの資格を持っている以上、摂取カロリーと消費カロリーのバランスはとても気になるところで、毎日チェックしてレシピ開発に役立てています。スマートウォッチは多数あれど、摂取カロリーを自動的に記録してくれるのは『GoBe3』だけ。『GoBe3』にはいろいろな機能がありますが、この機能しかなくても買っちゃいますね(笑)。それほど、気に入っています」

馬淵さん絶賛のエネルギーバランス機能画面。摂取カロリーが自動で計測できるのは世界で「GoBe3」だけ。

 

「あとは、『GoBe3』は睡眠の質も計測してくれるので、いつも気にして見ています。健康にとって食と同じぐらい睡眠も大事だと思うので。子供たちが成長してスマートウォッチを着けられるぐらい大きくなったら、『GoBe3』を着けさせて健康管理したいと思います(笑)」
睡眠時間の記録のほか、質まで分析してくれるのが『GoBe3』の魅力だと馬淵さん。

 

参考情報

GoBe3熱中対策ページへ

キャンペーン情報

GoBe3キャンペーン情報

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示