検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Sleep Watch 無料で使えるアップルウォッチ用睡眠アプリ

Sleep Watch 無料で使えるアップルウォッチ用睡眠アプリ

REVIEW

2020.07.20

沢山の機能があって、ヘルスケアやコミュニケーションに役立つApple Watchですが、唯一の弱点が「睡眠アプリ」かもしれません。
他のライフログ系のスマートウォッチでは標準装備されているといっていい睡眠ログを、デフォルトのアプリではとれません。

睡眠ログが取れてない時のヘルスケアの画面(睡眠の表示なし)
睡眠ログが取れている時のヘルスケアの画面(睡眠の表示あり)

そこで活用したいのが、アップルウォッチ用に開発された睡眠アプリの「SleepWatch」です。
英語でしか説明がないので少しとっつきにくいのですが、機能は十分ですし、視覚的に睡眠ログを取り溜めてくれますので、使い方を覚えてしまうととても便利です。

SleepWatchをインストール

まずは「SleepWatch」をインストール。
sleep watch by bodymatterという名前で出てきます。

これをインストールしておいて、あとはアップルウォッチを着用したまま就寝してください。
(インストール直後は、もちろん睡眠ログがないのでアプリを開いてもなんのデータも出てきません)

そして、これがSleepWatchアプリをインストールした後に、アップルウォッチを着用したまま睡眠したログの画面です。

(iPhoneで見ていますが、アップルウォッチ側でも確認できます)

ここでわかるのは
・何時間睡眠したのかと、自分で設定した目標睡眠時間とのパーセンテージ
・過去3日間の睡眠時間平均が目標に対してどれくらいだったのか
・この日の睡眠の質をグラフにしたもの
(紫が深い睡眠、緑が浅い睡眠、赤が覚醒している時間です。自分では気づいていなくても覚醒している時間が結構あるそうです)
・深い睡眠と浅い睡眠がどのくらいの割合か
・おきている時間の心拍数と寝ている時間の心拍数の比較で、この差が大きい方がぐっすり眠れているということ
というのがわかります。

睡眠の質のグラフはタップすると下記のような詳細画面に変わります。

ここでは心拍数の変化もわかります。
私は前の晩に深酒をすると必ず心拍数が高くなってしまい、起きている時との差があまり出ません。
また、しっかり運動した日の睡眠では起きている時との心拍数の差が30%くらいになる時もあります。

さらに詳細も確認できます。

・過去1週間の睡眠のリズムが一定だったかどうか
・就寝時の平均心拍数(一定数を超えると色が変わります)
・就寝中の覚醒時間
・睡眠中の平均睡眠時心拍変動
・起床時に「よく眠れたかどうか」(自己申告です。私は「完全に」でも「全く」でもなく大体の日は「まあまあ」なのでかならず「Somewhat Rested」にしてしまいます。)
・起床から6時間経った後に疲れを感じているかどうか(これも自己申告です。これも「完全に」でも「全く」でもなく大体の日は「まあまあ」なのでかならず「Somewhat Fatigued」にしてしまいます。)

下部のUpdatesの部分をタップすると、英語で質問項目があったり、アドバイスをくれたりします。
英語の得意な方は読んだ方がいいと思いますが、「昨日はベストな睡眠だったね」とか「エクササイズを続ければより良い睡眠がとれるよ」みたいな、当たり前のことしか書いてないので私はあんまり読んでません。

とにかく、就寝する前に充電を済ませてしまって、就寝するときにアップルウォッチを着けて眠ることを続けていけばきっとあなたの「グッドスリープ」の手助けになってくれると思います。
アルコールの適量はどれくらいなのかとか、薬の効き具合がどうなのかなどもわかるかもしれません。
課金をするともう少し詳しいデータや平均データを取ってくれるようですが、、、まあ必要ないでしょう!
無課金でも使える便利な機能満載の睡眠アプリですので、ぜひ試してください。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  2. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  3. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  4. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  5. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

  6. Garminとアウトドアウェアブランド WOOLRICHのコラボが実現! マルチウォッチケースのプレゼントキャンペーン実施中

  7. ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が11月27日よりSuica対応に!

  8. 70%OFFの高級スマートウォッチも! Amazonでブラックフライデー&サイバーマンデーのセール開催(11月27日~12月1日まで)

  9. Garmin最高峰コレクションより、日本未発売のカラーストラップや、センサーを付属した『MARQ 2020 Holiday Limited Kit』が数量限定発売

  10. 業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載した『HUAWEI FreeBuds Pro』発売

TAG

タグをさらに表示