検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの「付ける腕」「デジタルクラウンの向き」の変更法。左利きでも使いやすさ◎に!

Apple Watchの「付ける腕」「デジタルクラウンの向き」の変更法。左利きでも使いやすさ◎に!

NEWS

2022.06.11

全世界の人口の9割程度を占めるとされている右利き。

そのため世の中の様々なモノのデザインは「右利きの人」がベースになっています。

当サイトでは「Apple WatchのSuicaで改札を通過するときは右腕に着用したほうがスムーズ」という記事を以前に配信しましたが、それは既存の改札が、「右手に持った交通系ICカードでタッチするのがスムーズな位置・形状」にデザインされているからです。

あわせて読みたい

超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

ただし、Apple Watch自体には「左利きの人でも使いやすい設定」が用意されています。

そこで本記事では、Apple Watchで「付ける腕」「デジタルクラウンの向き」を変更する方法を紹介します。

右利き用の設定を左利きに変更!

まず前提としての話ですが、みなさんが見るApple Watchの多くは、上の写真のように「デジタルクラウン(くるくる回る出っ張り)」が右上にある状態だと思います。

これは左腕にApple Watchを着用する人(つまり多くは右利きの人)が、デジタルクラウンを押しやすいような設計です。

特に意識せずに使っている人が多いと思いますが、下の写真のように右手の人差し指でデジタルクラウンを回したり・押したりしやすいですし、そのままスワイプ操作にも移れるので、動作がスムーズにいくわけです。

それが右手に着用する場合だと、デジタルクラウンを触るには左手の人差し指ではなく親指で触ることになります。

親指で触るのにデジタルクラウンは上の方にあったりするので、若干押しにくかったりもするわけです。

この設定を「左利き用」に変える方法を以下で解説します。

まずはApple Watchのアプリ一覧から「設定」をタップします。歯車マークのアイコンですね。

次に表示される一覧からは「一般」をタップします。

すると「向き」という項目が出てくるので、ここをタップしましょう。

タップした後はまず着用する手首を選択。

右か左を選びましょう。今は右にチェックが入っていますが、今回は左にチェックを入れかえます。

そして上方向にスワイプしていくと、「デジタルクラウン」という項目が表示されて、こちらも右か左かを選びます。

左手に着用している人は「右」になっていると思いますが、右手に着用する場合はこれを「左」にしてみましょう。

以上で設定は完了です。

この設定をした後でApple Watchは以下のような状態になります。

いつもは右上にあるデジタルクラウンが左下にあるのが分かるでしょう。

つまり画面を上下反転した状態で使えるようになり、右手に着用しても操作がスムーズな状態になったわけです。

実際に右手首に着用した状態はこんな感じです。

デジタルクラウンが右上にある状態よりは、おそらくタッチや回転がしやすくなったと思います(下側ではなく上側にあると、より触りやすいはずですが……)。

なお、こうした着用する手首とデジタルクラウンの位置の設定は、初期設定時に行っていたはずですが、途中から付ける腕を変更する場合などは、上記のような方法で変更をしてみてください!

あわせて読みたい


AppleWatchの文字盤をミッキー&ミニーやトイストーリーに変更する方法。ミッキーが喋りかけてくれます!

Apple Watch Series 6の選び方大全!カラー、サイズ、シリーズ、セルラー or GPS……すべて教えます

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示