検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. アプリを開く時間が超短縮! Apple Watchの「ショートカット」設定法

アプリを開く時間が超短縮! Apple Watchの「ショートカット」設定法

NEWS

2022.06.15

天気が一瞬で分かったり、次の予定を腕元で確かめられたり、PayPayのQRコードを表示できたりと、便利な機能が沢山あるApple Watch。

普段表示しているウォッチフェイス上にも、よく使うアプリをいくつか表示できますが、その数には限界があります。

そして、ホーム画面からアプリを探す場合は、アプリの数が膨大になってしまうため、探してタップするのが非常に面倒なのです。

Dockによく使うアプリを表示することで、その手間は省けますが、オススメなのはコンプリケーションに「ショートカット」のアプリを表示し、そのショートカットによく使うアプリを入れておくこと。

本記事ではその方法をご紹介します。

iPhoneにもある「ショートカット」アプリとは

「ショートカット」は、Appでの1つまたは複数の作業を素早く完了するための機能。

iPhoneにも最初から入っているアプリで、

・ダークモードをオンにする
・ライブラリから思いがけない曲を再生する
・メモ帳のアプリを開く

といった単純な動作を1タップで行えるよう設定することもできますし、手動ではなく自動で

・Apple Watchのワークアウトを開始したときに音楽を再生する
・「今から帰るよ」とiPhoneに話しかけたら妻にLINEを送る

などの動作を行う設定もできます。。

こうした動作は上手く使えば便利なのですが、「いつ」「どこで」「何をする」という設定を自分で行うのがやや面倒。

そこで筆者は「ホーム画面に単体で表示するほど頻繁には使わないけど、たまに使うアプリ」を開くために、この「ショートカット」アプリを活用しています。

具体的には「計算機」「録音」「Shazam」などのアプリです。

計算機とか録音のアプリは「使いたいときにはサッと出したいけど、ホーム画面に常駐させておく必要を感じるほどには頻繁に使わない」という微妙な立ち位置なので、この「ショートカット」にブチ込んでおくと、いざ使いたいときに即座に立ち上げられるので便利なんです。

この「ショートカット」アプリはApple Watchでも設定可能で、なおかつウォッチフェイス上のコンプリケーションにも表示が可能。

そこによく使うアプリを開く動作を入れておけば、1~2タップで行える動作が増えるわけです。

実際に設定してみた!

Apple Watchのショートカットの設定も、iPhone上で行なえます。

細かな説明を始めると難しくなるので省きますが、まずはiPhoneのショートカットと同じように、「PayPayを開く」などのショートカットを作成します。

その後、画面右上の×マークの隣りにある横三本線の部分をタップします。

すると「Apple Watchに表示」という項目のオン・オフ設定が可能な欄があるので、ここをオンにしましょう。

オンにすると、Apple Watchの「ショートカット」アプリで、このショートカットが表示されます。

同様に3つほどのアプリを開くショートカットを下記のように作成してみました。

そして、Apple Watchのコンプリケーションに「ショートカット」のアプリを表示してみます。

下記画面の真ん中ですね。

ここをタップしてみると……。

無事に、iPhoneで設定したショートカットが表示されました!

PayPayとかはたま~にしか使わないので、こうやってショートカットに入れておくと、いざ表示するときに便利そうです。

なお筆者は「アプリを開く」という単純な動作を設定しましたが、先述のようにショートカットでは「いつ」「どこで」「何をする」という条件に合わせた複雑な動作も設定が可能です。

Apple Watchでルーティン的に行う動作があり、それを自動化したい場合は、この「ショートカット」アプリを賢く使ってみましょう!

なお、アプリの立ち上げ時間を短縮したいひとは、Dockの設定やアプリの表示法の変更でも問題が解決するかもしれないので、興味のある人は下記の記事を読んでみてください。

動画でも詳しく紹介しています!

あわせて読みたい

Apple WatchのDockに好きなアプリを常駐させる方法を解説!

仕事が捗るApple watchの文字盤&コンプリケーションを紹介!

PayPayがApple Watchで使えると超便利!初歩の使い方からiPhoneとの使い分け方まで使用法をレポート

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示