検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. AutoSleep、ヤマレコ、Standland、Strong、純正アラーム……。アプリ開発者目線で見事と感じたApple Watchアプリ5選

AutoSleep、ヤマレコ、Standland、Strong、純正アラーム……。アプリ開発者目線で見事と感じたApple Watchアプリ5選

NEWS

2021.08.28

筆者はフリーランスのSEで、普段はWEBサービスの開発に従事しています。

先日、Apple watchを購入してから、勉強を兼ねて初めてのApple watchアプリ開発にチャレンジ中です。

この記事では、そんなエンジニア目線で見て「コレは凄い!」「面白い!」と感じたアプリを5つ厳選してご紹介します。

睡眠記録アプリ人気No.1『AutoSleep』

App Storeで詳細を見る

まず最初にご紹介したいのが『AutoSleep』という睡眠記録アプリ。

筆者がApple watchを購入するきっかけの一つがこのアプリを使いたかったからです。

スマホにも睡眠を記録できるアプリは多数あります(AutoSleepもiPhoneで記録することも可能)が、Apple watchの場合はその精度が圧倒的に違うと感じます。

理由はやはり、心拍数や加速度センサーなどを使って計測することで、より正確に睡眠状態を追跡できているのだと思われます。

何より感動したのが、就寝時や起床時、何も操作しなくてもちゃんと睡眠時間がほぼ正確に記録されていることです。夜中トイレに起きた時間もちゃんと記録されています。

また、UIはApple watchのアクティビティで採用しているリング形式のデザインのため、親和性が高いです。

【あわせて読みたい】

Apple Watchの超名作・睡眠アプリ「AutoSleep Watch」レビュー。睡眠の質や時間がひと目で分かる!

登山愛好者ならコレ!『ヤマレコ』

App Storeで詳細を見る

続いて紹介するのが本メディア『Smart Watch Life』でも特集記事が掲載されている、登山者向けアプリ『ヤマレコ』です。

著者自身は登山をしないのですが、、アプリ開発目線で見た時、その徹底した作り込みに脱帽しちゃいました。

具体的には、コンプリケーション対応のきめ細やかさがあげられます。

コンプリケーションとは、Apple watchの文字盤にアプリを登録できる機能で、文字盤に登録しておくことでいちいちアプリをタップしなくてもサクッと情報を確認することができます。

コンプリケーションは、配置する場所に応じて表示できる内容が異なります。

ヤマレコの場合、それぞれの種類に対し最適なコンプリケーションを用意されています。

例えば標高グラフを表示させたり、歩くペースや予想通過時刻を表示させることもできます。

さらに、これらコンプリケーションを組み合わせたおすすめの文字盤のサンプルを、下記の公式サイトから無料ダウンロードすることも可能です!

コンプリケーション | ヤマレコ使い方ガイド
https://www.yamareco.com/guide/guide_watch/complication/

【あわせて読みたい】

ヤマレコの中の人が解説!登山用スマートウォッチのススメ 

インターバルタイマーが便利!筋トレアプリの『Strong』

© 2021 Strong Fitness PTE Ltd.

App Storeで詳細を見る

Apple watchには標準でワークアウトというアプリがあるのですが、計測できるデータは心拍数や消費カロリーといったもので、どんな筋トレメニューをどのくらいやったのかは記録できません。

もっと細かく筋トレの内容を記録したい!という人におすすめなのが『Strong』というアプリです。

『Strong』の特徴は、インターバルタイマー機能があることです。

筋トレ1種目あたり3セット実施することが多いですが、途中適切にインターバル(休憩)を挟むことが重要と言われています。

『Strong』の場合、インターバル開始と1セット完了の記録が同時に行われるので便利です。

筋トレメニューを予め自分で作成したり、使い始めるまでに多少の手間がかかりますが、一度作成してしまえばテンプレートとして登録できるので、次回以降楽に開始できます。

また、Apple watch側もかなり細かく作り込まれており、筋トレ中スマホを取り出さなくても大抵の操作や編集が可能です。

意外と侮れない標準アプリ『タイマー』『アラーム』

Apple watchの標準アプリ『タイマー』『アラーム』は、その名の通りタイマー機能・アラーム機能のみのシンプルなアプリですが、他のサードパーティ製アプリでは実現できない機能があります。

それは設定時刻になった際、触覚フィードバック(バイブレーションで通知してくれる機能)を停止ボタンタップするまで動作させ続けることができる点です。

Apple watchの触覚フィードバックは、現在アプリ開発者向けには12種類のパターンが提供されています。

このパターンの中に、タイマーアプリと同じように長時間振動させ続けることができるものはありません。

また、開発ガイドラインとして複数回連続して呼び出してはいけないとされています。

そのため絶対にアラームに気づくまで止まってほしくない、という場合は標準アプリ一択になります。

個人的には、『タイマー』『アラーム』で実現している触覚フィードバックをアプリ開発者も使えるようにしてくれればいいのに、、と思っています。

かわいいキャラのおかげで継続できる!座りすぎ解消アプリ『Standland』

© Flask LLP

App Storeで詳細を見る

『Standland』は、座りすぎ解消を促してくれるアプリです。

Apple watchにも『スタンド』というアプリがありますが、『Standland』はスタンドゴールを達成することでかわいいキャラクターをゲットできる点が、標準アプリにはない特徴です。

若干無機質な標準アプリと比べ、かわいいキャラクターが勇気づけてくれたり応援してくれるため、継続する手助けとなります。

『Standland』を開発しているFlaskという会社は、iOSやwatchOS関連のアプリ開発者会社で、女性二人で運営している会社です。

個人開発に近い形でアプリ開発を行っているところで、Apple watchにも丁寧に対応しているデベロッパーはあまり見かけません。

Apple watch開発のお手本になる、数少ない国内デベロッパーだと思います。

Apple watchのキラーアプリ登場はこれから?

以上、アプリ開発者目線で面白い・見事と感じたApple Watchアプリ5選でした!

Apple watchは2015年に初代が発売されてから6年目になります。

当初は機能的制約が多く、アプリ開発者からもあまり支持を受けているようには感じられませんでした。

しかしそれでも年々進化していっているのは確かで、Apple watchのキラーアプリが続々登場するのはむしろこれからでは?という気がしてなりません。

●執筆者:yoshi_2045
フリーランスSE / 二児の父。42歳からAppleWatchのアプリ開発にチャレンジ中。ブログ「ツナガリワークス」を運営中。
https://tsunagari-works.com

あわせて読みたい

ビジネスが捗るApple watchの仕事効率化アプリ10選 | スマートウォッチライフ
https://www.smartwatchlife.jp/24198/

Apple Watchで使える時間管理アプリ「TIME HACKER」レビュー。「削りたい時間・増やしたい時間」を記録して仕事効率UP!
https://www.smartwatchlife.jp/23318/

仕事が捗るApple watchの文字盤&コンプリケーションを紹介!
https://www.smartwatchlife.jp/25046/

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示