検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. AutoSleep、ヤマレコ、Standland、Strong、純正アラーム……。アプリ開発者目線で見事と感じたApple Watchアプリ5選

AutoSleep、ヤマレコ、Standland、Strong、純正アラーム……。アプリ開発者目線で見事と感じたApple Watchアプリ5選

NEWS

2021.08.28

筆者はフリーランスのSEで、普段はWEBサービスの開発に従事しています。

先日、Apple watchを購入してから、勉強を兼ねて初めてのApple watchアプリ開発にチャレンジ中です。

この記事では、そんなエンジニア目線で見て「コレは凄い!」「面白い!」と感じたアプリを5つ厳選してご紹介します。

睡眠記録アプリ人気No.1『AutoSleep』

App Storeで詳細を見る

まず最初にご紹介したいのが『AutoSleep』という睡眠記録アプリ。

筆者がApple watchを購入するきっかけの一つがこのアプリを使いたかったからです。

スマホにも睡眠を記録できるアプリは多数あります(AutoSleepもiPhoneで記録することも可能)が、Apple watchの場合はその精度が圧倒的に違うと感じます。

理由はやはり、心拍数や加速度センサーなどを使って計測することで、より正確に睡眠状態を追跡できているのだと思われます。

何より感動したのが、就寝時や起床時、何も操作しなくてもちゃんと睡眠時間がほぼ正確に記録されていることです。夜中トイレに起きた時間もちゃんと記録されています。

また、UIはApple watchのアクティビティで採用しているリング形式のデザインのため、親和性が高いです。

【あわせて読みたい】

Apple Watchの超名作・睡眠アプリ「AutoSleep Watch」レビュー。睡眠の質や時間がひと目で分かる!

登山愛好者ならコレ!『ヤマレコ』

App Storeで詳細を見る

続いて紹介するのが本メディア『Smart Watch Life』でも特集記事が掲載されている、登山者向けアプリ『ヤマレコ』です。

著者自身は登山をしないのですが、、アプリ開発目線で見た時、その徹底した作り込みに脱帽しちゃいました。

具体的には、コンプリケーション対応のきめ細やかさがあげられます。

コンプリケーションとは、Apple watchの文字盤にアプリを登録できる機能で、文字盤に登録しておくことでいちいちアプリをタップしなくてもサクッと情報を確認することができます。

コンプリケーションは、配置する場所に応じて表示できる内容が異なります。

ヤマレコの場合、それぞれの種類に対し最適なコンプリケーションを用意されています。

例えば標高グラフを表示させたり、歩くペースや予想通過時刻を表示させることもできます。

さらに、これらコンプリケーションを組み合わせたおすすめの文字盤のサンプルを、下記の公式サイトから無料ダウンロードすることも可能です!

コンプリケーション | ヤマレコ使い方ガイド
https://www.yamareco.com/guide/guide_watch/complication/

【あわせて読みたい】

ヤマレコの中の人が解説!登山用スマートウォッチのススメ 

インターバルタイマーが便利!筋トレアプリの『Strong』

© 2021 Strong Fitness PTE Ltd.

App Storeで詳細を見る

Apple watchには標準でワークアウトというアプリがあるのですが、計測できるデータは心拍数や消費カロリーといったもので、どんな筋トレメニューをどのくらいやったのかは記録できません。

もっと細かく筋トレの内容を記録したい!という人におすすめなのが『Strong』というアプリです。

『Strong』の特徴は、インターバルタイマー機能があることです。

筋トレ1種目あたり3セット実施することが多いですが、途中適切にインターバル(休憩)を挟むことが重要と言われています。

『Strong』の場合、インターバル開始と1セット完了の記録が同時に行われるので便利です。

筋トレメニューを予め自分で作成したり、使い始めるまでに多少の手間がかかりますが、一度作成してしまえばテンプレートとして登録できるので、次回以降楽に開始できます。

また、Apple watch側もかなり細かく作り込まれており、筋トレ中スマホを取り出さなくても大抵の操作や編集が可能です。

意外と侮れない標準アプリ『タイマー』『アラーム』

Apple watchの標準アプリ『タイマー』『アラーム』は、その名の通りタイマー機能・アラーム機能のみのシンプルなアプリですが、他のサードパーティ製アプリでは実現できない機能があります。

それは設定時刻になった際、触覚フィードバック(バイブレーションで通知してくれる機能)を停止ボタンタップするまで動作させ続けることができる点です。

Apple watchの触覚フィードバックは、現在アプリ開発者向けには12種類のパターンが提供されています。

このパターンの中に、タイマーアプリと同じように長時間振動させ続けることができるものはありません。

また、開発ガイドラインとして複数回連続して呼び出してはいけないとされています。

そのため絶対にアラームに気づくまで止まってほしくない、という場合は標準アプリ一択になります。

個人的には、『タイマー』『アラーム』で実現している触覚フィードバックをアプリ開発者も使えるようにしてくれればいいのに、、と思っています。

かわいいキャラのおかげで継続できる!座りすぎ解消アプリ『Standland』

© Flask LLP

App Storeで詳細を見る

『Standland』は、座りすぎ解消を促してくれるアプリです。

Apple watchにも『スタンド』というアプリがありますが、『Standland』はスタンドゴールを達成することでかわいいキャラクターをゲットできる点が、標準アプリにはない特徴です。

若干無機質な標準アプリと比べ、かわいいキャラクターが勇気づけてくれたり応援してくれるため、継続する手助けとなります。

『Standland』を開発しているFlaskという会社は、iOSやwatchOS関連のアプリ開発者会社で、女性二人で運営している会社です。

個人開発に近い形でアプリ開発を行っているところで、Apple watchにも丁寧に対応しているデベロッパーはあまり見かけません。

Apple watch開発のお手本になる、数少ない国内デベロッパーだと思います。

Apple watchのキラーアプリ登場はこれから?

以上、アプリ開発者目線で面白い・見事と感じたApple Watchアプリ5選でした!

Apple watchは2015年に初代が発売されてから6年目になります。

当初は機能的制約が多く、アプリ開発者からもあまり支持を受けているようには感じられませんでした。

しかしそれでも年々進化していっているのは確かで、Apple watchのキラーアプリが続々登場するのはむしろこれからでは?という気がしてなりません。

●執筆者:yoshi_2045
フリーランスSE / 二児の父。42歳からAppleWatchのアプリ開発にチャレンジ中。ブログ「ツナガリワークス」を運営中。
https://tsunagari-works.com

あわせて読みたい

ビジネスが捗るApple watchの仕事効率化アプリ10選 | スマートウォッチライフ
https://www.smartwatchlife.jp/24198/

Apple Watchで使える時間管理アプリ「TIME HACKER」レビュー。「削りたい時間・増やしたい時間」を記録して仕事効率UP!
https://www.smartwatchlife.jp/23318/

仕事が捗るApple watchの文字盤&コンプリケーションを紹介!
https://www.smartwatchlife.jp/25046/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示