検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

NEWS

2021.09.15

ゴルフ用途でApple Watchを使用するのはレアケース?

スマートウォッチがゴルファーにとって便利なポイントはいくつかあります。

たとえば自分の立っている位置から目標(ピン)までの位置を腕元で正確に教えてくれるとこや、プレーの分析をして、記録を取ってくれるところでしょうか。

スマートフォンにインストール可能なゴルフアプリはたくさんありますが、どのアプリも世界中のゴルフコースを収納しています。

そのゴルフコースのそのホールがパーいくつで、2打目や3打目からグーリンまでどのくらいの距離なのかを正確に割り出してくれます。

中にはApple Watch等のスマートウォッチと連動可能なアプリもあり、そうしたアプリを使えば、いちいちスマートフォンを取り出さずにさっと腕元を見て、残りヤードを確認して使用クラブを決めることもできます。

ただし、ゴルフ場でのスマートウォッチの使用はかなりのレアケース。

世の中ではゴルフ機能に特化した「ゴルフ用スマートウォッチ」が多数発売されていて、「スマートウォッチは普段使いしていないけど、ゴルフをプレーするときだけゴルフウォッチを使用する」という方も多いと思います。

【関連記事】

「ゴルフ用スマートウォッチにできること」を徹底解説!GarminやTAG Heuerのモデルの使用レポートも!
https://www.smartwatchlife.jp/15622/

そのようなゴルフウォッチが「スペシャリスト」な腕時計だとすれば、「最強のゼネラリスト」といえるのがApple Watchです。

Apple Watchは何か一つの機能に特化することなく、オールマイティーに何でもできるところが最大の利点であります。

そんなApple Watchが果たしてゴルフウォッチとしても有能なのかどうかを検証してみたいと思います。

Apple Watchにもゴルフアプリが多数ある

Apple Watchに対応したゴルフ関連のアプリは、それなりに沢山リリースされています。多くは月額制になっていますが、年に数回ゴルフを楽しむ方ならばインストールしておいて損はないかもしれません。

以下に代表的なゴルフアプリをいくつか紹介します。

ゴルフな日 Su

https://mapple-on.jp/products/golfnavi

アップルウォッチに対応したアプリで「距離測定」と「プランニング機能」に特徴があります。

GPSで現在のホールを認識して自動でコースマップを切り替え、スマホをポケットに入れたまま残り距離を確認できます。

料金:月額360円(最初の1ヶ月無料)

SMART GOLF NAVi

https://www.smartgolfnavi.com/HP/

Apple Watchのほか、カシオのPRO TREKでも使用できるゴルフアプリで、日本のほぼ全てのゴルフ場(約2,300コース)が登録されています。

Apple Watchの画面ではピンまでの距離だけでなくバンカーなどのハザードの位置まで表示してくれるので、スマホを使わずに戦略を立てながらプレーできます。

料金:月額240円

Apple Watchはゴルフに向いている?

そして今回使用したアプリは月額無料の「Golfshot」です。

無料で使えるのは

・グリーンまでの距離を常時表示
・基本のホール情報の表示

のみで、有料版の「プロ機能」ですとアップルウォッチの操作でスコアの記録ができたり、ハザードまでの距離を表示してくれます。

料金:無料(プロ版は¥12,000円)

https://golfshotgps.com/ja/pro#apple-watch

たしかに、スマートフォンを取り出さずに、グリーンまであと何ヤードかを表示してくれるのはとても便利です。
一歩歩けば1ヤード縮まって表示されるので、常時GPSに接続されている感じです。

ただし、この「常時GPSに接続」というのが意外とやっかい。

Apple Watchの最大の弱点である「電池の持ちの悪さ」がモロに表面化してしまいます。

実際、筆者はほぼフル充電からプレーをスタートしましたが、ハーフ(9ホール)が終わってクラブハウスに来たときには、電池残量は10%になっていました。

そんなこともあり、実際にプレーでアップルウォッチアプリを使用したのは前半のハーフのみ。

後半はスマートフォンを取り出しながら残りヤードを確認していました(それも省電力モードにしたため、他の機能も全く使えなくなりました)。

やはり、スマートフォンを取り出して残りヤードを確認するのは少し面倒なので、逆に手元でさっと確認できるありがたみがよくわかりました。

今回の感じだと、GPSを使うアプリをフル稼働しても、ハーフはギリギリ持ちますので、充電機器を持参して昼食休憩の時に充電してしまえば問題はなさそうです。

結論としては、

「Apple Watchでもゴルフに特化したスマートウォッチ並みに便利さを実感できるけれども、充電コードを持っていかなければ使い物にならない」

というのが筆者の実感です。ゴルフを頻繁にプレーする方ならば、やっぱりゴルフウォッチの方がお勧めかもしれませんね。

以下にゴルフ向けに作られたスマートウォッチをいくつか紹介しておきます。

ゴルフに特化したスマートウォッチ

Garmin アプローチS62

『ガーミン』は1989年に創立され、今ではGPS機器のトップメーカーとして君臨しています。

古くは湾岸戦争時にアメリカ軍が『ガーミン』のGPS機器を使用していたり、現在では自動車メーカー『ホンダ』が製造している小型飛行機「Hondajet」のナビゲーションシステムに『ガーミン』が採用されたりと、信頼性の高さは折り紙付き。もともとは過酷な現場で使われるプロフェッショナル用途のブランドというイメージが強かったのですが、最近は自転車用サイクルコンピュータや今回紹介するスマートウォッチなど、コンシュマー製品の分野でもぐんぐん成長中です。

「アプローチ S62」は、そんなガーミンが作ったゴルフ用ウォッチのフラッグシップモデル。世界約4万1000以上のゴルフコースを収録、高解像度の1.3インチ半透過型フルカラーMIPを採用し、ゴルフモードでは最大20時間、スマートウォッチモードでは最大14日間のバッテリーライフを誇ります。

ストロングポイントであるGPSはもちろんのこと、光学式心拍センサー、コンパス、ジャイロ、加速度計など、高級スマートウォッチに必要とされるセンサーも全部入りで、ゴルフ以外のワークアウトでも活躍してくれそうです。時計の”顔”とも言えるベゼルには高級感あるセラミックを採用しているので、オンスタイルにも対応しますし、Suicaによるキャッシュレス決済が可能なのでゴルフ以外でも活躍の場は無限大です。

Amazonで詳細を見る

Tag Heuer CONNECTED GOLF EDITION

高級ブランド『タグ・ホイヤー』が手掛けたゴルフエディションのスマートウォッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド ゴルフ エディション」。

スポーティなのに非常にエレガントでケースはブラックDLCが施されたソリッドな印象のチタンを採用。また、ベゼルにはホール数インデックスが刻まれ、アクセントにゴルフをイメージしたグリーンを配色、どうしてもガジェット感が強くなりがちなスマートウォッチのなかで、唯一無二の高級感を漂わせています。

スペシャルパッケージには、「タグ・ホイヤー』のロゴ入りゴルフボールやティー、ディボットツール、交換用ブラックストラップ、ウォールプラグとSelvytのクリーニングクロスも同梱し、ラグジュアリーブランドらしい所有する喜びも満たしてくれます。

OSにGoogleの「WearOS」を採用し、電話やSNSなどの各種通知や音声アシスタントなどのスマート機能が充実しているのも、他のライバルより一歩先を行くポイント。交換用のブラックストラップなら、スーツにもマッチし、スマート機能を存分に活かせるビジネスシーンでも活躍してくれます。

https://www.tagheuer.com/jp/ja/smartwatches/golf.html

GREENON THE GOLF WATCH A1 Ⅱ

『GREENON』はゴルフ用ウォッチを多数ラインナップする専門ブランド。有村智恵プロがアンバサダーを務めていることでも有名です。

今回試用した「THE GOLF WATCH A1 Ⅱ」は、そんな『GREENON』のフラッグシップモデル。国内コースの99%以上を網羅、アメリカだけでも1万5000以上ものコース情報を内蔵しています。1mという高い精度を誇る人工衛星「みちびき」のL1S信号に対応し、ゴルフウォッチのキモとなる位置計測に高い実力を発揮、多くのゴルファーから信頼されている存在です。

そしてなんと言っても「THE GOLF WATCH A1 Ⅱ」のストロングポイントがアンジュレーションの表示機能。高低差をグラフィカルに表示されるので、すべてのゴルファーにとって心強い武器となってくれるはずです。

Amazonで詳細を見る

『Shot Navi』「W1 エボルブ」

プロゴルファー横峯さくらがアンバサダーを務めている『Shot Navi』は日本を代表するゴルフウォッチメーカー。

その中でも「W1 エボルブ」はもっとも高い性能を誇るフラッグシップモデルです。なんと日本のゴルフ場は100%対応、世界含め5万9315ものコースを収録しています。

機能的にも現在地からフェアウェイ中央までの距離と高低差を表示してくれる特許機能『フェアウェイナビ』は、かなり実用的で、多くのゴルファーに愛されている存在です。

Amazonで詳細を見る

あわせて読みたい

「ゴルフ用スマートウォッチにできること」を徹底解説!GarminやTAG Heuerのモデルの使用レポートも!
https://www.smartwatchlife.jp/15622/

Apple Watchにできること7選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

 

スマートウォッチにできること8選【2021年版】Suica決済、スマホの通知受取、睡眠の記録など、日常が便利になる機能が満載!
https://www.smartwatchlife.jp/14918/

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  3. オシャレな女性向けApple Watchバンド20選!流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

  4. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ10選【2021年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  7. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  8. 2021年9月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  9. Fitbitスマートウォッチの最新主要モデル&選び方ガイド。Suica対応モデルも続々! 最新モデル「Fitbit Charge5」も紹介【2021年夏版】

  10. 【セール情報】ビックカメラ.comのオンラインセールでApple WatchのSeries3、Series4、Series5が安売りに!8月21日(火)8時59分まで開催中

NEW CONTENTS

  1. GRAMASの新作Apple Watchバンドが9月28日発売。クロコ型押しレザー使用で高級感のある表情が魅力!

  2. Garminのハイブリッドスマートウォッチ 「vivomove Style」のUNITED ARROWS限定モデルが登場。スタイリッシュなオールブラックカラー

  3. 登山アプリ『ヤマレコ』がApple WatchのwatchOS 8対応の新機能をリリース! ハンドジェスチャーの操作や常時表示が可能に

  4. 紛らわしい!?Apple watchのシリーズ番号とOSバージョン番号をおさらい。古いシリーズは最新OSのサポート切れも!

  5. Fitbit SenseにSuicaを追加する方法を詳しく解説! Google Payの設定ができてる人なら非常に簡単です

  6. ANCを搭載したAUKEYの完全ワイヤレスイヤホンが50%OFFセールで3,990円に!9月20日(月)から9月24日(金)までの期間限定

  7. カリフォルニアのビーチを走る「Surf City Marathon」参加レポート。スマートウォッチはマラソンにどう役に立つのか?

  8. Apple Watchがダサいと言われる7つの理由とその対処法

  9. Amazonタイムセール祭りでApple Watch Series6も割引対象に! 開催期間は9月25日(土)9時 ~9月27日(月)23時59分

  10. 【セール情報】ビックカメラ.comのオンラインセールでApple WatchのSeries3、Series4、Series5が安売りに!8月21日(火)8時59分まで開催中

TAG

タグをさらに表示