検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. FEATURE
  3. 体温で充電するスマートウォッチ「Matrix PowerWatch」が凄い!

体温で充電するスマートウォッチ「Matrix PowerWatch」が凄い!

FEATURE

2019.11.14

スマートウォッチ唯一の弱点・・・・それは充電の煩わしさ

従来の腕時計機能に加えて「メールや電話通知」「運動ログの管理」「睡眠や心拍数の管理」などなど様々な機能で一度着けたらもう手放せなくなるスマートウォッチですが、多くの方が敬遠している理由が「毎日充電しなきゃいけないんでしょ。」「充電が切れてしまったらただのリストバンドなんでしょ」ということだそうです。
確かにアップルウォッチをつけていると毎日充電しなくてはいけないし、もしも充電を忘れてしまって残りの電池残量が10%くらいになってしまうと「節電モード」にしてしまってスマートウォッチとしての機能をほとんど使わなくなってしまいます。

ですからスマートウォッチ各社は連続使用時間を少しでも延ばすために省電力化や充電池の改良に力を注いでいます。
アップルウォッチのSeries5などは常時点灯するようになって、電池の性能は少し良くなったものの連続使用時間は少し短くなったような話も聞かれます。
またハイブリッドウォッチのように、タッチスクリーンを採用せず時間表示はアナログ時計のように長針&短針で表示させ、通知機能やログ機能のみを電池で行うので数週間充電しなくても使い続けられるモデルも出てきました。

Matrix PowerWatch

充電の面倒さから解放される「Matrix PowerWatch」

MATRIX PowerWatch使用する人の体温で必要な電力を発電、蓄電するという画期的なスマートウォッチです。
この画期的な製品はシリコンバレー本社のMatrix Industriesが開発。クラウドファウンディングIndiegogoから誕生しました。
MATRIX PowerWatchは腕にはめている間中、常に体温からは発電&蓄電をし続けています。腕から外したとしても蓄電された電力で駆動。
これなら夜間でも睡眠をしながら発電してくれるので、「睡眠ログは取りたいけどいつ充電していいかわからない」という悩みから解放されそうです。

Matrix Power Watchはケースの上部と下部の温度差で発電する仕組みとなっているそうです。つまり温度差があればあるほど発電量は多くなりますので、外が寒かったり、運動中は発電量が多くなります。激しい動きをすればするほど発電効率がいいそうなので、運動へのモチベーションまで上がるかも。発電された電力は内部に蓄電されますので、外しても時計は止まらずに動き続けます。
フル充電の状態ではなんと最長約2年間、スリープモードで動き続けるそうです。

機能的にも他のスマートウォッチと全く遜色なし

スマートウォッチとしての機能も他のスマートウォッチと全く遜色ありません。
時計にも日本語フォントを内蔵しているので、見やすく直感的に操作できます。
タッチスクリーンの文字盤は、フルカラーディスプレイ。センサーとしては心拍計やGPSを搭載しており、「ランニング」「ウォーキング」「サイクリング」などの距離・時間・平均ペース・消費カロリーなどをログできます。
歩数やカロリー、睡眠、心拍数といった基礎的な身体ログも蓄積でき、スマートフォンで月/日/時間単位でデータを確認可能です。
アップルの「ヘルスケア」、アンドロイドの「GoogleFit」との連携で、スマートフォン上でログデータを確認できます。

Matrix PowerWatch

もちろん電話の着信通知各種メールやSNSアプリのメッセージ、その他アプリの新着情報をバイブレーションで通知します。
ディスプレイでも一部の情報を確認できます。
アプリは日本語対応しているので、海外製のスマートウォッチにありがちな「機能はあるけど使いこなせない」という問題もありません。

充電要らずだから様々なシーンで使える

充電要らずのスマートウォッチは、普段使いでももちろんありがたい機能ですが、旅行やレジャー、アウトドアでその威力をフルに発揮するかもしれません。
特に長期の旅行やキャンプなどでは、なかなか充電の機会がないケースもあります。
200M防水でマリンスポーツにも適しているMatrix PowerWatchは耐久性も抜群で激しいスポーツや過酷な状況下でも安心して使用できるでしょう。

Matrix PowerWatch

デザインセンスも抜群でアウトドアはもちろん、カジュアルファッションにもぴったりですから、様々なシーンで使える一品です。
バンド部分は高品質のシリコンバンドを採用し、快適な装着感。また、ディスプレイ部にはサファイアクリスタルガラスを、ウォッチケースには航空機にも使用されるアルミニウム合金を採用し軽量さと強さを兼ね備えています。

Matrix PowerWatch
Matrix PowerWatch

価格:¥46,224

MATRIX PowerWatch Black Ops PACKの製品情報はこちら
MATRIX POWER WATCH の製品情報はこちら
MATRIX POWER WATCH Xの製品情報はこちら

Amazonで詳細を見る

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示